ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< 生のコミュニケーション | トップに戻る | 新千円札とテングス病の意外な関係 >>

blogの可能性は無限にある

私の前のblogである「生のコミュニケーション」。人間として直接、対面し、本当の意味でのコミュニケーションを図ることが重要という、私の基本的な考えです。

しかし、このblogを通じて、対面しなくてもコミュニケーションが図れる実感が湧いてきました。いつも、コメントをいただいている、「@( ̄ェ ̄)@ ☆ひまわりが太陽に背を向けた☆」様、「『売るしくみ』の発想を鍛える」」様、「at most countable」様などです。
そして、大御所である「大西 宏のマーケティング・エッセンス」様にも、私のblogサイト、ありがたいことに気にかけていただいている感があります。

まずは、この方々へ御礼申し上げます。そして、できるならば、現実的には不可能に近いかも知れませんが、直接、これらの皆様と全員揃って、様々な議論、私の持論である「生のコミュニケーション」が達成できれば、本当に私は幸せに思います。

最後に、「研究員の日々雑感」様とも直接、お会いして議論を深めたいと思います。今までご紹介させていただいた方々、極めて多忙で、全員揃って会うことなど到底、無理な話かも知れません。

しかし、これを夢見て、実現できればと本当に毎日、毎朝、思い続ければ、もしかして実現できると私は思っています。

今回は、いつものランキング「クリック」無しです。恐らく、今回、ご紹介させていただいた方々には私の想いが伝わると思っております。そして、いつもの「クリック」など失礼にあたると私は考えています。
2004.08.05 Thursday | ブログについて | comments(4) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

小島様

生のコミュニケーションできるといいですね。
私も大阪に出張する事があれば、まずは、ご連絡申し上げます。

#会える会えないは別にして・・・
山本 | 2004/08/05 2:49 PM
小島さん!
僕みたいなブログも
ご紹介いただき、ありがとうございます(^^)

小島さんが
生のコミュニケーションを大切にされているお気持ちも
よくわかるつもりです。

そして、僕もBlogを始めて、
なんとも楽しいコミュニケーションが
はかれるものかと、正直驚いた一人です。

Blogやっていなければ、
小島さんとこうやってメッセージの交換を
することも無かったですからね。。
可能性は無限ですね!

そして、僕も、
いつもコメントを頂戴している
小島さんや山本さん、また、いろんな方と、
実際にあって話したりしたいなぁ。と思っています(^^)

いつか、実現させましょう!
今から楽しみです♪
seiG | 2004/08/05 3:20 PM
山本さん、そしてseiGさん
コメントありがとうございます。

山本さん
>#会える会えないは別にして・・・

seiGさん
>いつか、実現させましょう!

お互い、私も含め、目標宣言しましょう。
「絶対、今年中は会うと」

私は、この「目標宣言」がすべてだと思っています。
小島愛一郎 | 2004/08/05 4:44 PM
小島様

了解しました(^o^)丿

お会いできるのを楽しみにしてます!
山本 | 2004/08/05 7:51 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/103
皆様からのトラックバック
ブログ人の「複数カテゴリの設定」の説明、 間違ってますよね。 マックでは「Shi
プロ野球問題は日本の縮図 | at most countable | 2004/08/05 11:02 PM

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top