ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< 当社社員へ。がんばろう!! | トップに戻る | 必見!!「366日空の旅」:環境問題への新しいアプローチ >>

起業したい方へ、金魚を育てられますか?

起業したい学生の方々から、私に対していろいろと相談があります。微力ではありますが、できる限り、お話させていただいています。

さて、私に対して、様々なビジネスプランを提出していただく若者達へ。

金魚を明日から買って、飼育して下さい。

私の子供が、去年の夏にあるお祭りで金魚すくいをしました。当時は3cmであった金魚は、今では15cm程度に成長しました。

ここまで大きくなった理由は、金魚がフナ科の魚で、最後には30cm以上まで成長すること、そして寿命が他の熱帯魚に比べ、極めて長いことが要因です。

しかし、たかが金魚といえども、そう簡単には飼育を続けられません。専門書を読み、それなりの設備を整え、そして金魚にとってベストな環境をつくりあげる。そして、真夏の今、金魚水槽が30度を超えないようにするためにそれなりの工夫も必要です。

起業も、同様です。ビジネスプランを練るために専門書を読みふけり、起業後に設備投資を行い、そして、自らの事業にとって、ベストな環境を構築する。そして過酷な条件に対処する方法も事前に計画しておく。

起業したいと思っている学生を含め、その他の皆様へ、

金魚を一年間、飼育してみてください。毎日の餌やり、これに応じる金魚の毎日の変化、これは、営業や財務に通じるところがあります。金魚を飼うことすらできない方々には、会社運営はまず無理だと考えて下さい。極論かもしれませんが。

金魚飼育は単純な例です。これに準じた何らかのアクションを起こすことから、「起業」について再度、思考いただければというご提案です。

さて、今回のblog、起業を目指している方々に参考になったと共鳴いただいた方は「クリック」お願いします。
2004.08.15 Sunday | 経営的視点 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/114
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top