ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< 緊急提言、携帯電話 | トップに戻る | 己に克つ。 >>

速報、当社の特許が!!

速報です。

過去に「行政とのお付き合いの方法」というエントリがあります。

このエントリは、当社が保有している特許に着目され、特許を活用しそれを商品化したビジネスモデルが有効な特許活用事例として、全国1位になったというものです。

たったの15分程度のヒアリングで、お蔭様で凄い結果をもたらしたということになります。関係者の皆様、そして特許に至るまでの研究開発をしてくれた当社研究担当取締役、そして、このブログに何度か、ご紹介させていただいている青森の無農薬リンゴ農家さんにも感謝です。

青森の無農薬リンゴ農家の方の悩みからヒントを得て、この特許取得、そして商品化へとつながりました。そして、これがきっかけで、私は津軽弁と格闘しながら、青森県弘前市で数年間、この商品を販売し続けました。

あの頃の想い出が、今もよみがえってきます。

さて、「開放特許活用例集」という冊子の最新号に当社の特許が掲載されています。無料で、送料も必要ありません。ご興味のある方は、是非、お取り寄せ下さい。
(本当はリンクを張りたいところなのですが、著作権の問題で残念ですがリンクできません。)

「開放特許活用例集」というものは、多数の特許の中から製品化の可能性が高い案件を選び、これらの特許流通や有効活用に関するビジネスアイデア冊子という位置付けです。

以上、ビジネスチャンスは、そう簡単には手に入りませんが、いつかは必ず来ると再確認した今日でした。

つらい経験を過去にした私や家族ですが、最近は、「ほめられること」しか耳に入れず、そして、昔、はやった歌ですが「必ず明日はある」と心に刻み、ベンチャー企業社長は、日々、挑戦、苦闘しています。
2004.10.18 Monday | 私の会社:サン・アクト株式会社 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
トラックバック機能は終了しました。
皆様からのトラックバック
●毎日新聞が記者ブログ(ネットは新聞を殺すのかblog:10月19日)  毎日新聞の「理系白書」がブログを始めていたそうだ。  理系の読者との間でコミュニケーションが始まっているようだが、共同通信編集委員室に続き、一般新聞紙の間では、2番目の社公認ブロ
♪毎日新聞記者の勇気を讃えたい | あざらしサラダ | 2004/10/20 6:51 PM

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top