ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.10.25 Wednesday | - | - | -
<< 誰にでも、すぐにできることができない日本 | トップに戻る | 台風被害とCSR、自動車業界の方々へ >>

ベンチャー企業社長の挑戦



 さて、過去にもエントリーしたことがありますが、樹木の内部を瞬時にして画像で見ることが可能となる診断機器があります。このエントリーの画像、ある場所のサクラです。「左側がサクラの根元から60cmの幹の内部、そして右側が根元から130cmの幹の内部の画像」です。

参考:「最新非破壊樹木診断

 簡単に画像を説明しますと、「水色部分が空洞、赤色部分が空洞になりかけている、緑色部分が腐っている、そして茶色部分が、まだ健全である」と診断できます。
 根元から60cmの幹内部が、かなり空洞化しているのに対して、根元から130cmでは、水色部分が無い、いわゆる、サクラの根元から空洞化が進み、60cmの高さまでは、ほぼ空洞化、しかし130cmの高さまでには空洞化に、まだ至っていないということです。しかし、根元が空洞化し、それが60cmの高さではほぼ空洞化しているということは、強風などの影響で倒木する可能性が極めて高いと診断できます。



この画像は、診断風景です。

そして、日本で最大規模のこの診断機器を購入し、
当社は、この診断機器を購入し、様々な関係者のご尽力を頂戴し、新しいビジネスモデルを構築していきます。

 今回の「挑戦」には、皆様も良くご存知の有名大学、大手商社、金融機関といった多くの方々のご協力を頂戴します。
しかし、単純に「この樹木は空洞がありますから、伐採しないと危険ですよ」といったビジネスは展開しません。なぜなら、当社のビジネスは、衰退している樹木を保護することに命を懸けているからです。

 数十年から百年単位で大きく成長した樹木。多くの樹木の衰退原因は人的被害によるものです。枝が通行に邪魔であるという人間のエゴが発端で、枝を剪定する。しかし枝の切口を何の保護もせず病原菌が侵入し、枝が腐っていき、それが幹内部まで進行してしまう。
 あるいは、樹木の根元を草刈りするときに、根元を傷付けてしまい、そこから病原菌が侵入していまう。皆様自らが、ケガをされたとき、消毒やバンドエイドなどで、傷口を治されるでしょう。しかし樹木には、大半の場合、そのような観点から、「保護する」・「守る」という意識が無いのが現状です。
 また、例えばサクラの花見シーズン。皆様、サクラの根元周辺でシートを引いて宴会を良くされると思います。花見として観光資源となっている場所、そこには毎年、何万人もの人々が根元を踏み固めていくことと同じになります。
 これは、土壌が固くなり、養分を吸収する根が伸長しない=樹木が成長できない、といった原因を引き起こします。このように樹木の衰退原因の多くは、「人的被害」によるものなのです。
 我々は、このような「人的被害」を少しでも無くし、本来あるべき樹木の姿に戻すために、様々なビジネスモデルを構築し、この最新の「診断機器」でサービスを展開していきます。
2004.10.22 Friday | 非破壊樹木診断:樹木幹内部画像 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.10.25 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

小島さん!
こんばんは☆

先日ご紹介頂いた写真集を寝る前に読んでいる為、
環境問題への意識が少し高まっているのかもしれません。
素直に「すごいな!」って感じました(^^)

樹木の空洞化や根腐れが、
花見など、人によるものだとは知りませんでした(T3T)
桜などの根元に柵を作るだけでも、助かるかもしれないのですね!

僕達のおじいさんやそのまたおじいさん達も
観て楽しんだ桜、その美しさをずっと残して行きたいですね♪

ベンチャー企業社長の挑戦!
これからも楽しみに見守らせていただきます(^^)
頑張ってください!
seiG | 2004/10/23 12:42 AM
seiGさん、コメントありがとうございます。
風邪気味とのことですが、ゆっくり休むべきところを
深夜にコメントいただき、本当に感謝しています。
(という私も夜中の1時過ぎになっても起きているのはおかしいかもしれませんが)

>桜などの根元に柵を作るだけでも、助かるかもしれないのですね!

おっしゃる通りです。そして、当社のお客様もこの提案をご理解いただき、大きい柵や、サクラの根元付近まで駐車スペースにされていたお客様も、駐車場自体を移動していただきました。

本当にお疲れであり、かつ多忙な中、励まされるコメント、心から感謝いたします。

ありがとう、seiGさん!!
小島愛一郎 | 2004/10/23 1:05 AM
おおたです。
こんにちは、科学の正しい使い方ですね。人間の検査と考えればいいのでしょうね。病気は治すことを最初に考える。完治しないなら、長生きさせることを考える。医療の限界を超えたらあきらめるということですか。
工場などの配管の非破壊検査などの場合は、素材が鉄なので修復不可能ですが、樹木ならいろいろな再生策があるのでしょうね。

桜のお話、気付かなかったですね。桜は美しいことで、自らの寿命を短くしてしまっているのかな。
人間との共生というのは難しいですね。

秋田で毒性キノコの問題がでていますが、あれなんか。厚生省は「新種のウイルスかもしれない」なんてのんきなこと言ってますが(本当にそうなら大変ですね)、森と人間の境界線が異常気象で狂ってきたことの証拠でしょう。もちろんクマの出没もそうだし、エボラだって同じです。
おおた葉一郎 | 2004/10/23 11:59 AM
おおた様、コメントありがとうございます。
コメントの回答にはなっていないかもしれませんが、

レントゲン技師=レントゲンを撮影する方,しかし最後に撮影されたレントゲンを見て処方箋を書くのは医師、そしてその処方箋に基づき手術をするのは外科医であり内科医といったドクター。

当社は、今まで、レントゲン技師の役割と処方箋を書くことを無料で実施し、その後の手術にサクラなら一本50〜100万円頂戴してきました。

それが、手術前のレントゲン技師や処方箋について無料ではなく、ビジネスとして料金を頂戴する仕組みを構築できたわけです。

さて、おおたさんのコメントの感想ですが、少し専門的なことを申し上げます。

サクラの大半を占めるソメイヨシノ。これは花が先に咲いて、その後、開葉します。花だけしか出ないので今でも人気があるわけです。

日本の国花であるヤマザクラを含め、花と葉は同時に出ます。例えば、良く小学生が学校で飼育するアサガオ。もちろん葉っぱが出て、それから花が咲きます。

ソメイヨシノは突然、開花してそれから葉っぱが出てくる、樹木にとって極めで不可逆性であり、ストレスが生じるわけです。

そういうことを世に知らしめたく、事業を展開しています。

最後になりますが、いろいろと診断機器を使ってビジネスモデルを構築していく予定ですので、助言等ありましたら、またコメントお願いします。

同じMBA仲間として

小島愛一郎 | 2004/10/23 7:28 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/170
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top