ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ベンチャー企業社員の奮闘 | トップに戻る | 速報、新潟中越地震情報 >>

勇気づけられる言葉

久しぶりのエントリーとなりました。少し多忙でした。

一つ前のエントリーである、「ベンチャー企業社員の奮闘」

ここに寄せられたコメントを再度、記したいと思います。

ブログを通じて、そのコメントに「勇気づけられる」私です。

まずは、奮闘・格闘してくれている当社社員である杉本君から。

おはようございます。杉本です。今回のブログを読み、樹木診断の重要性と画期的的な診断方法が、多くの方に認知していただけると思いました。
先日の京都大学の公開講座を受講したことで、私は自分たちの仕事が、日本の樹木に対する認識を大きく変えていくことをなことを痛感いたしました。

話は変わりますが、わかりやすい写真を使っていただき大変うれしく思っております。家族には植物園の仕事以外に私の仕事風景を見せるのは、初めてです。実は私の娘(3歳)は、私が毎日「京都府立植物園」にいっていると思っています(作業のあるときは、現場に昼食のお弁当を持ってきてくれるので・・・)。

庭師であったころは、家族も「お父さんは、植木屋さん。」となんとなくでもイメージがついていたように思いますが、サン・アクトに入社してからは樹木保護作業・調査・環境教育・NPO・・・って、お父さん何しているのという状態です。このブログを見せることでまた少し、家族に私の仕事を理解してもらえることができると思います。

そしてまた、私自身もこの仕事にさらに興味を持つことができました。家族には、仕事のことだけでなく、誇りを持って仕事ができるすばらしさを伝えていきたいと思っています。


そして、約半年間、当社にインターンとして来てくれたchiharuさん。

今日は、お会いさせていただきありがとうございました。
今回のブログでは、以前からお伺いしていた最新の機械を使用している様子を実際に拝見して、それまでは、ほぼイメージでしかありませんでしたが、少し社長様のお仕事がわかりました。

インターンシップ研修生として、社長様と何度か会ってお話もさせていただきましたが、社長様のご活躍なさっている現場というものは拝見したことがありませんでしたので、ここで改めて社長様のお仕事を実感できました。

普段から、人と人のお付き合いの大切さを教えてくださる社長様と、社員の方とそのご家族の関係の絆といいますか、いい関係がこの記事やコメントから感じられました。

私も再来年の春からは社会人です。
ますます人と人のお付き合いは大切なものとなってくるでしょう。私が社会人となってしばらくたって、この記事から伺えるような良い関係が一つでも多く築けるようにしていたいものです。


このように、実際にコメントを頂戴した二人には、直接、対面しているわけですが、私のブログを毎回、ご覧いただいている方に、「私はこんな毎日を過している」・「私はこんな人々と接している」ということがご理解いただければと思います。

どうも今回のエントリーは、どこかの有名ブログの「Words of the Blogger」に近いものがありますが、もっと違うものであることをご理解いただきたいと思います。

何といっても、直接、コミュニケーションをとっているのですから・・・

さて、今回のエントリー、紹介した二人の未来に応援いただける方は、「クリック」お願いいたします。
2004.11.07 Sunday | 私の会社:サン・アクト株式会社 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

おはようございます。杉本です。コメントにこたえて頂き有難うございます。

昨日は、実家でイチョウの木を剪定してきました。
そのイチョウの木は、実家を含めた十数件の世帯が、村の守り神として祭っている薬師如来のお堂の真横にそびえたっています。
いわば御神木のような木です。
樹齢は約70年、樹高は約25メートル、今まで誰も触らず剪定などしたことのないような巨木でした。

お堂のふもとに住むおじさんが、自分の生まれたときに植えてもらったイチョウだそうで、「立派になったので、切るのは惜しいが台風がくるたびに倒れてきそうで怖い、それに太陽の日も家に当たらない」というのが、今回の剪定することとなった理由でした。

私にとって、この仕事はとても重要でした。
今までに登った事のないような巨木であり、かつ御神木ということもありましたが、それ以外に二つの目的がありました。
一つ目は、杉本家の長男として成長ぶりを皆にみせること(木に登るのは、私ひとりでしたので)。
もう一つは、樹木保護を業としながらも、生き生きとした何一つ損傷のない御神木を剪定する矛盾を直視すること。

二つ目の目的を語りだせば、言い訳のようにしかなりませんが、
皆が、このことに納得し、特にお堂の下のおじさんは、大変喜んでいました。

一本の樹木を通し日々多くのことを学ばせてもらっています。昨日は、当社の企業理念でもある"Environment"を強く感じた1日でした。(樹木の味方も使って・・・)

以上



杉本尚也 | 2004/11/08 7:11 AM
小島愛一郎です。勇気付けられるコメントありがとうございます。

>一つ目は、杉本家の長男として成長ぶりを皆にみせること(木に登るのは、私ひとりでしたので)。
もう一つは、樹木保護を業としながらも、生き生きとした何一つ損傷のない御神木を剪定する矛盾を直視すること。

>皆が、このことに納得し、特にお堂の下のおじさんは、大変喜んでいました。

>一本の樹木を通し日々多くのことを学ばせてもらっています。昨日は、当社の企業理念でもある"Environment"を強く感じた1日でした。(樹木の味方も使って・・・)

社長として、まさに「勇気付けられるコメント」です。そして数年後、いや杉本さんの人生にとって、良き想い出の一日になればと祈念し、私は確信しています。ありがとうございました。
小島愛一郎 | 2004/11/08 2:33 PM
 コメントを、今日のブログに使っていただいてありがとうございました。

 なんだか、小学校のころの学年通信に自分の作文が掲載されたときのような、恥かしさと、誇らしさの両方が混じったむずがゆい感覚を思い出しました。

 中学を過ぎたころから宿題などを通しての、日記や作文をすることがめっきり少なくなしました。最近では大学受験の勉強を通して小論文の勉強か、大学のレポートぐらいでしか文章を書かなくなってしまったように感じ、私が大学から始めたのは日記でした。
日記は自分だけでしか見ない非公開のものです。

 社長様のブログとの出会いで公開の日記のスタイルであるブログには、そそられる要素がたっぷりあることに気づきました。パソコンにもう少し親しんだらはじめてみようか。そのように考えているこのごろです。
chiharu | 2004/11/08 8:01 PM
chiharuさん、コメントありがとうございます。

>最近では大学受験の勉強を通して小論文の勉強か、大学のレポートぐらいでしか文章を書かなくなってしまったように感じ、私が大学から始めたのは日記でした。

いやいや社会人になれば、毎日のように文章を書かなくてはならない状況になります。

>社長様のブログとの出会いで公開の日記のスタイルであるブログには、そそられる要素がたっぷりあることに気づきました。

いやいやこちらも、まずは勉学と就職活動とその他もろもろを両立させて、最後にブログに挑戦してくださいね。

いや、ブログをやることで、勉学と就職活動がもしかしたら円滑化する可能性もあるかもしれません。

いずれにせよ、ブログは「継続」です。
どのようなものでも「継続」は必要なので、
もしかしたら、ブログも良いかもしれませんね。

では、また年内にお会いしましょう。
私はこれにて、帰宅致します。
小島愛一郎 | 2004/11/08 10:20 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/182
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top