ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブログで年賀状、そして「feed meter」 | トップに戻る | 競争社会を生き抜くために(2) >>

是非、ご覧下さい。「山古志村」

 過日、このブログでもご紹介した通り、今日の、NHK総合、午後11時から、「にんげんドキュメント」で、「山古志村の牛飼いの方々の被災から50日間の記録」が放映されます。以下、「NHK にんげんドキュメント」からの引用です。
(下記の引用文はNHKに帰属します)
新潟県中越地震で大きな被害を受け、全村避難を余儀なくされた山古志村。帰村の目処が全く立たない中、村の伝統産業である闘牛を守ることで、地域の絆を取り戻そうとする必死の取り組みが続けられている。
 「牛の角突き」で知られる越後闘牛は、600年以上の歴史を持つ国の重要無形民俗文化財だ。先月25日、全村避難が決まり、村人たちは飼い主についてくる牛を断腸の思いで残し、自衛隊のヘリコプターに乗り込んだ。
 NHKでは2000年10月、「小さな旅」で山古志村の闘牛に情熱を燃やす人々を描いた番組を放送した。今回、当時と同じスタッフが番組で取り上げた牛飼いたちの“地震後”の今を再び取材している。「牛じい」と呼ばれる村いちばんの牛飼い、松井治二さんは闘牛を守ることが村の人々が故郷に戻るきっかけになると信じ、残された牛の救出に奔走している。その一方で生活の見通しが全く立たない中、長い間家族同然に暮らしてきた牛との別れを決断した人もいる。
 村のシンボルだった闘牛を守ることで、奪われた故郷を取り戻し、復興に取り組もうとする人々の苦難の冬を追う。

 是非とも、ご覧下さい。(NHKはいろいろと騒動を起こされていますが、その点は今晩は、忘れていただいて)
 お時間の都合などで見逃された方は、再放送もあります。今晩の放映後、「NHK にんげんドキュメント」のサイトでご確認下さい。

関連カテゴリ:「新潟中越地震
2004.12.17 Friday | 新潟の地震関連 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2017.06.11 Sunday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/211
皆様からのトラックバック
エッセイ終わったーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 昨日、やっと大学でやっている課題の提出をしてきました。英文2,000文字の社会学のエッセイが二つ。一つは犯罪と逸脱行為に対するディルケイムの視点。もうひとつは、戦後から80年代ま
「スペイン」の闘牛と「日本」の闘牛。 | 〜イギリスの中の三線の響き〜 | 2005/03/16 10:49 PM

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top