ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 情報の海におぼれないために | トップに戻る | 二度と戻らない風景 >>

賛同者を増やし、夢をかなえること

前回のエントリーでも少し触れましたが、私の祖父は、1884年、今から約120年前に生まれました。私が6歳の頃に亡くなり、祖父は5歳で母を、11歳で父を失いました。

私のかなり過去のエントリーで祖父については語っていますが、祖父が現役当時の1900年代初めは、旅館というのは相部屋、泊まるお客様次第で宿泊代も変わるという状況でした。特に、京都は多くの寺院があり、参拝客も多い、しかし安心して利用できる宿が少ないという状態にありました。

そこで、当時では画期的なビジネスモデルである「1泊2食付き個別部屋」という、いわゆる「ビジネスホテル」の原形を祖父は生み出しました。今でいうシティホテル、昔で言うところのビジネスホテルという形態をつくったわけです。

ただ、アイデアだけでは事業は成立しません。そこで祖父は会社設立趣意書、今でいうところの事業計画書を持って、一口25円で1600円の全国各地の方々から借入をしたわけです。当時、株式会社という概念などは無く、出資でなく借入しか手段がありませんでした。1600円の借入は現在の金額で計算すると約1000万円程度の資金調達。何の担保も無く、貸していただいた方々は、祖父の気迫、あるいは理念のみに賛同された方だと言えます。そして、その資金で1920年に京都駅前に開業。1泊2食付きで宿泊料金40銭でのスタート、周辺の旅館が1円50銭程度だったので、破格の値段でした。
しかし祖父の凄まじいところは、開業間も無い2ヶ月後に再度2回目の資金調達の旅に出たというところです。
1年半をかけて約4000人の方々から総額6000円の借入をされました。1年半で数千人の方に会って資金提供を依頼され、4000人もの賛同者を得られたということは想像できないことです。

もちろん数年後に、すべて利息を付けて返済されたことは言うまでもありません。
-------

昨日の「週刊!木村剛」様のエントリーである「経営者が果たすべき3つの職責」。

そこには、
方向を決めること
日々判断すること
そして、結果としての数字を残すこと

が挙げられています。

まったくの異論はありません。私も経営者として、そして「職責」として最低限、果たすべき内容だと思っています。また、組織として方向性が違う人間を排除することも必要でしょう。

ただ、これらの職責は事業運営を支える多くの賛同者によって成り立つものではないかと私は考えます。上述した私の祖父の事例では、それこそ今までに無い新しい形の旅館を創造したわけで、すぐにはお客様から理解されず、かつ同業者の方々からの外圧も多々あったかと思います。しかし、「4000人もの賛同者」という何にも変え難い応援団の存在が様々な苦難を乗り切る原動力になったのだと私は考えます。

時には4000人の賛同者が重荷と感じられた場合もあったでしょう。しかし、新しい道を開拓する原動力として、理念やロマンに賛同した4000人もの方々の思いを心の中に常に持ち、逃げることなく一歩ずつ歩んできたのが祖父ではないかと思います。
-------

私は思います。

経営者の職責に「多くの賛同者を得る」という一点を付加することを。損得勘定無しで、経営者としてあるいは一人の男として、こいつに夢を託そうという外部の応援団をできる限り多くつくる努力をし、実現させることを。

人間の多くは損得勘定で物事を考え、行動します。どんな逆境・どん底に陥っても手を差し伸べてくれるのは賛同者・応援団だけです。そして、賛同者が多ければ多いほど、信用も増します。それこそ応援団がさらに応援団を呼んでくれるでしょう。

そして、賛同者の方々から託された夢をできるだけ早く実現しようと経営者も事業に邁進します。夢が明確なので理念もビジョンもぶれが生じません。経営者としての自己の夢と多くの賛同者から託された夢が同一に近ければ近いほど、その企業は強い持続力を保有します。

そうですね。職責にもう一つ加えましょう。「賛同者から託された夢を早く実現する」ということを。これで5つの職責が存在することになります。5つの中に優先順位はありません。どれも同時並行で進めていかなければなりません。ただ、職責の重みからみると賛同者からの夢を早く実現することに最も重きを置くべきだと思います。賛同者の夢は、自分の夢と同じはず。結果として自分の夢が早く実現できる近道になるからです。

今後も、私はこれら5つの職責を認識し、できる限り、我々の賛同者、応援団の皆様の夢を実現させることに努力していきたいと思います。
-------

さてさて、多くの皆様に今になってランキング再参加なのか疑問視されてはおりますが、再参加から数日で35位から今、投稿時点で13位から17位にランクダウンです。皆様、今しばらく下記のバナーをクリックいただければと存じます。多数の皆様のご賛同、感謝致します。我々の事業の中心である、サクラ満開のシーズンを前に。
2005.03.17 Thursday | 私のお気に入りエントリ | comments(5) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

2017.01.25 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

お久しぶりです。調達屋です。
お元気されてますでしょうか。

日々、主に携帯からですが、小島様のブログを拝見しております。

>人間の多くは損得勘定で物事を考え、行動します。
>どんな逆境・どん底に陥っても手を差し伸べてくれるのは賛同者・応援団だけです。

…という箇所。
最近、ぬるま湯に浸かってしまっている(?)自分にとって、改めて自分を振り返るキーワードかもしれないと思えてなりませんでした。
「賛同者」を数える前に自らのコンセプトを打ち出す必要がありますが(苦笑)、「応援団」と呼べる人って周りにどれくらい居るのだろう…と考えてしまいました。

どうもここ最近、損得勘定で考える人との接触が多く、正直、少し滅入っていました。
それだけに、ふとした文章ですが、自分にとって意味深なフレーズだなぁと考えさせられました。

花粉症の時期ですね。
毎年、私はGW頃から発症します。
何か得策があれば、また教えてやってください。
調達屋 | 2005/03/17 8:20 PM
調達屋様、コメントありがとうございます。

ご無沙汰しております。元気にやっております。
さて、ぬるま湯に浸かっておられるかは分かりませんが、私の場合、ご承知のようにどん底を経験しており、金の切れ目は縁の切れ目というものを実感しております。

この経験が応援団や賛同者を増やそうというきっかけです。まだまだ、これからの調達屋様です。
いくらでも応援団・賛同者を増やすことができると思います。あとはこいつに夢を託そうと思わせる調達屋様なりの夢。それが何かを見つけ、誰もがこいつに託そうと思ってもらうことも大切かもしれません。

最後になりますが、花粉症の得策は花粉症の最中に突入し、身体を慣れさすことしかないのではとは思いますが。。。
小島愛一郎 | 2005/03/18 11:28 AM
はじめまして。TBありがとうございます。
ブログ、まだ少ししか拝見していませんが、内容が深くて面白いですね。緑化事業のベンチャーとは、初めて聞きました。私のような頭の固い人間には思いもつかないことでした。これからもブログを読ませていただきたいと思います。
お仕事もがんばってください。
ななならび | 2005/03/31 7:21 PM
TB&コメントありがとうございます。

4000人から資金を預かる。
すごいことですね。
画期的なビジネスモデルを創造する人が資金を集める事もできる。
どちらがかけても夢で終わってしまいますが、決断し実行して、そして結果を残せたところがすごいです。

現代だったらいかなる判断をされたのでしょうね。

今後とも宜しくお願い致します。
みどりかわ@ミナロ | 2005/04/01 12:00 AM
>ななならび様

はじめまして。
内容が深いかどうかわかりませんが、長文だけは確かです。緑化ベンチャー、初めて聞かれるのは当たり前かと思います。何と言っても日本唯一の事業ですので。

これからもたまにはご来訪下さい。よろしくお願い致します。

>みどりかわ@ミナロ様

過去に何回かは貴サイト、拝見しておりました。
私の祖父の件ですが、自分で言うのも僭越なほど、
凄い迫力でした。

そしてその迫力は従業員にも受け入れられ、
DNAとなって、亡き祖父のあとにも受け継がれています。

恐らく、現代でも、同じことをされていたと思います。今、思うのは、祖父は毎晩、定時に全国のホテルに電話して集客数を確認する、そして指示をする。また宴会に行っても絶対に酒は飲まない。いつも自宅で晩酌をされていましたが、外では会社の代表が酔ってしまい、少しでも口を滑らすことの危険性を感じておられました。

酒を飲むことで相通ずることがある反面、怖さも知っているなど常に、24時間、経営者としての生活をおくっておられました。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
小島愛一郎 | 2005/04/01 3:59 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/292
皆様からのトラックバック
私、ドリンク剤というものを自分から買ったことがありません。 真面目に仕事をしてないから、それほど疲れてないってことかもしれませんが・・・切腹! 「その時はいいけど、後からガツンとくるから飲まないほうが
健康が第一 | ヤースのへんしん | 2005/03/17 1:45 PM
 皆さん、こんにちは。木村剛です。この間、SONYの出井氏の話を書きましたが、大
[ゴーログ]逆境こそが経営者の資質を磨く! | 週刊!木村剛 powered by ココログ | 2005/03/30 9:16 AM
堂門冬二氏の講演を聴いた。「変革期のトップリーダー像」という演題だった。
名将と呼ばれた人達 | 【ミナログ】製造業社長の逆襲 | 2005/03/31 10:14 AM

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top