ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< 七つの社会的罪 | トップに戻る | お蔭様で300エントリー >>

ホリエモンに被害を受けた私

今、世間を賑わせている「ホリエモン」。そしてブログ界でも盛んに取り沙汰されている「ホリエモン」。
しかし、直接の被害を受けたブロガーは少ないでしょう。

それは昨日の日曜日。私は、被害を受けた数少ないブロガーの一人となってしまいました。
-------
先週火曜日、およそ一週間前に、突然、皆様、良くご承知の番組製作会社の方から、電話がかかってきました。社員が電話に出たのですが、「ブログの件で、お話がしたい」との伝言メモが私の机の上に置かれていました。まったく心当たりが無く、最近、メディアに関することも書いていないしなぁと思いながらも、とりあえず電話をしてみました。

「小島愛一郎と申しますが、お電話頂戴しましたでしょうか?」
「はじめまして。いや実はブログのことで。」
「はい、何でしょうか?」
「いや、実は花粉症のことで、少々お伺いしたいことがありまして。」
「はぁ、花粉症ですか?」
「小島さんのブログに花粉症のことが書かれていたと思うんですけど。」
「あぁ、はいはい、少し前に書きましたが、それが何か?」
「実は、番組で花粉症特集をするのですが、小島さんの花粉症克服談を番組で取り上げたいと思いまして。」
「それは、いつ頃の番組ですか?」
「ちょっと急ですが今度の日曜日です。」
--------

さて、私が書いた花粉症克服談とは「花粉症でお悩みの方へ」のことです。何でも花粉症をテーマに克服した事例を集めて、それらの方々の個人体験記を司会の方と話をするということらしいです。そこで検索サイトなどで検索に引っかかったのが私の花粉症克服談というわけです。

私の花粉症克服談、そんなにおもしろいのかなぁと少々、思いながらも返答しました。また、多くの場合、メディアの皆様は急に連絡があるのが常なので、日曜日放送も仕方が無いかと思いながらも、お返事しました。

「わかりました。申し訳無いですが、メールで企画書を送信していただきますか?」
「はい、取材に快諾いただきありがとうございます。では詳細はメールにて。」
「では、失礼致します。」
(快諾したとは言っていないのになぁと、少し不安に思いながらも電話終了。)

ということで、数時間後に企画書が添付されてきたメールが到着。時事問題について、徹底取材を行うような番組構成です。その目玉として「花粉症」が一つのテーマとなっていました。あとはやはり「ホリエモン」関係も。

ちょっとびっくりしました。皆様、良くご存知の有名な司会者と電話で番組中にやりとりです。そして、なんと生放送。さらにこの番組は新しく再スタートするTV局一押しの新番組。いやいや、「番組内で電話での取材」とは聞いていたのですが、生放送でかつ新番組第一弾とは、これは大変です。TV取材はある程度、経験がありますので、いつものように何とかなるとは思っていたのですが、「生放送」で「新番組」とは初めての経験です。

ということで、私は昨日の日曜日まで、絶対に風邪を引くことができませんでした。突然、私が花粉症になるなんてことはありえませんが、生放送で、花粉症コーナーで、鼻声で電話のやりとりなんていうのは、視聴者の皆様、誰も私の克服談、信用しませんので。

でも、こういった時に限って、風邪を引くのが人生っていうものではあるのですが。しかし、何気なくブログで書いたことがTV番組に出るまで発展するとは、これまた何ともいいようがありません。

そして、これまた何ともいいようがないこと。この番組、有名な方々ばかり出演されるのですが、メール内容によると関西では放送されないそうです。う〜ん、少しでも知っている番組なら想像もついて、気分も落ち着くのですが。まぁ、経営者として良い経験ということで、何とかやろうと決意。近い将来、生放送に何度も出るような会社になりたいので。
--------

と書きながらも、先週の土曜日、いわゆる放送日前日に私の自宅に電話が。

「はい、小島でございます。」
「小島さん、過日に生電話放送を依頼したものですが。」
「あぁ、どうもお世話になります。」
「いや、実は、放送できなくなりまして。」
「といいますのは?」
「ホリエモン氏の話題で急転換しまして。花粉症の話題まで放送できなくなりました。」
「う〜ん。了解です。先週は急展開しましたからね。」
「えぇ、そうなんです。また何かありましたらお願いしたいと思います。」
「はい、わかりました。では。」

ということで、私の生TV番組デビューは、ホリエモンの急展開によって、残念ながら無くなってしまいました。担当者の方いわく、私の「花粉症の対策」について専門家に話を聞いたところ、私の対処療法は危険とのコメントをもらったそうです。これが原因で私の出番が無くなったのかもしれません。いずれにしても確認しようがありません。

なぜなら、ご紹介したように関東だけに映る番組なので。いやはや、「花粉症」という席巻している話題でエントリーして、どれだけ単純なトラックバックが来るかを試したのが本来の意図だったのですが、思わぬ方向に動きました。

しかし、「花粉症」よりも「ホリエモン」。どうだかなぁーー。 初の私の生番組出演はこれにて実現ならず。誰か関東地域でこの番組を見られた方がおられれば感想の一言でもお知らせいただければありがたいです。

さて、皆様、週明け早々から、「Tea Time」カテゴリーで申し訳ありません。「オピニオン系」に区分いただいているブロガーの方には心から深謝申し上げます。本当は週末にも記事をアップしたかったのですが、生電話放送で緊張していたのです。。。

しかし、私もある程度、長文でエントリーしているのですが、まさかTV局の方の眼に触れるとは。
(これからも真面目に、長文でやっていこうと思った次第です。)
--------

皆様、今しばらく下記のバナーをクリックいただければと存じます。多数の皆様のご賛同、感謝致します。
2005.03.28 Monday | ちょっと休憩 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

こんにちは
「ホリエモン」の被害とは、残念でしたね。dawnより
dawn | 2005/03/28 12:21 PM
dawn様、こんにちは。
そうなんです。まさかとは思いましたが「ホリエモン」に被害を受けて、生放送デビューは果たせませんでした。世の中、何が起こるかわかりません。
想定内の範囲ではありませんでした。
では。
小島愛一郎 | 2005/03/28 12:59 PM
こんばんは。

小島さんの生テレビ見たかったですね、残念です。
しかし、小島さんの対処法はやはり危険でしたか、笑。
あざらしサラダ | 2005/03/28 9:19 PM
あざらしサラダ様、久方ぶりの平日コメント、
うれしいです!!(急ぎ返信コメントです)
やはり私の花粉症撃退方法は危険のようでした。
ホリエモンにも負けましたが、私自身の過激な方法にも負けてしまい、自業自得かもしれません。
これからはTV出演を想定の範囲内に入れたエントリーを念頭に入れます。
(コメント文章もホリエモンに似てきてしまいました。)
小島愛一郎 | 2005/03/28 9:33 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/299
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top