ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< ザリガニ続報 | トップに戻る | サクラの天然記念物調査 >>

ベンチャー企業の経営とは

私の会社は、様々な要因で衰退した樹木を元気に再生させる事業が中心です。元気に再生させる手法として、農薬や化学肥料を使わずに環境にやさしい手法で樹木を診断し、そして再生作業を行います。

昨晩、大手商社の方と会食しました。当社製品である「樹木の味方」の総代理店となっていただいているのですが、誰もがご存知の日本トップの商社です。

いろいろと大手商社の方とお話しました。結局、当社の存在意義、価値は何なのか。当社のご担当者いわく、現在の当社事業形態で続けていっても、企業存続はもちろん可能。しかし、もう一歩踏み出すには、もう一歩発展するためには、まだまだ足りない点が多々あるというお話でした。

今も(この記事を書いている今)含めて、ベンチャー企業、そしてそのマネジメント、これをどうするか、悩んでいます。

当社の強みに経営資源を集中させるか、それと時流に沿って、強みをコア・コンピタンスとして、「環境」という大きな枠組みで事業戦略構築していくべきか。どのような企業でも根本は同じと思います。強みを活用し新規事業を展開するか、あるいは時流に沿った事業展開を図っていくべきか。

このブログのタイトルとおり、ベンチャー企業社長の苦戦、苦闘は、続きます。
2004.05.28 Friday | 私の会社:サン・アクト株式会社 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/31
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top