ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< 国会議員各位へ | トップに戻る | ご報告と警告 >>

Webサイトの現状

本来は、今朝、あるルートからこの情報を得ていたのですが、当該サイトにおいてリンクに関する案内がなかったため、ご紹介しても良いか迷っていました。しかし、「nikkeibp.jp Mail 夕刊」にも恐らくプレスリリースだと思いますが掲載されていたため、パブリックな扱いになったと判断しご紹介致します。
-------
都道府県ホームページの情報伝達度調査」です。
(リンクに問題があればご連絡下さいませ。アライド・ブレインズ(株)様)

詳細はリンク先をご覧いただければと思いますが、情報源として重要な役割を果たす行政のWebサイト。特に今回は、トップページ及び防災情報ページを対象に調査されています。防災情報ページでは4府県以外は何らかの問題があったそうです。

障害を持つ方々(特に目の不自由な方)にとっては、「音声読み上げ」によってWebサイトから情報を得ることが多いのですが、調査結果では残念ながら、完全な配慮がなされているとは言えない状態にあるようです。
------

考えてみれば、都道府県だけでなく、省庁においてもpdfファイルなどで情報が配布されているケースが多いです。pdfファイルの汎用性等の素晴らしさは十分に理解していますが、時には不便に感じることもあります。換言すれば「とりあえずpdfファイルにしておけば良いだろう」という姿勢が背後に見える感もあります。

障害を持っておられる方や高齢の方々にとっては、Webサイトが果たす役割はまだまだ十分ではないのかもしれません。もちろん専門家ではない私にアイデアなどはありませんが、リンク先のサイトを本日、じっくりと読み新しい視点ができたことは確かです。

今回のエントリは過日に新潟に出張された「あらざしサラダ様」にご参考までにトラックバック致します。
------

さて、本日の私のエントリ、短いですが今晩、もう一つアップする予定です。ご了承下さい。
2005.05.19 Thursday | ブログについて | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

小島さん、こんばんは。

また、このような難しい宿題を頂きありがとうございます、笑。
まもなく待望の週末なので、頑張って関連エントリーをひとつ書くよう努力しますので、今しばらくお待ちください、笑。
あざらしサラダ | 2005/05/19 11:17 PM
あざらしサラダ様、「難しい宿題」となってしまったようで、
ゴメンナサイです。

待望の週末とのこと、楽しみにしております。
そして今しばらく、いや存分に待っておりますので、極めて期待しております。
(と、あざらしサラダ様にプレッシャーをかけてしまう私でした。)
小島愛一郎 | 2005/05/19 11:51 PM
小島さん、こんにちは。

お約束の週末エントリーを先ほど済ませたのですが、なにかタイトルがこの記事に関連しているだけで、内容は別物になってしまいました、笑。
でも、最新エントリーにもTBしましたのでご容赦ください。
あざらしサラダ | 2005/05/21 5:08 PM
了解です、あざらしサラダ様。
まもなく? そちらにてコメントさせたいただきますが、まずは各位のコメントを拝見してからにしようかなと思ってもいます。
小島愛一郎 | 2005/05/21 5:35 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/338
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top