ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< 残念、ペルセウス座流星群 | トップに戻る | 少し早いですが、8月の検索ワード >>

蜂刺され御礼と政界

「社長、蜂刺され、大丈夫ですか?」
「はぁ! どうして知っておられるのですか?」

昨日、お会いした東京から来られた「初対面」のお客様の第一声です。我々の会社のウェブサイトを拝見され、サイドバーにリンクされているこの私のブログを見られたとのこと。初対面の会話のきっかけに蜂刺されの話題はうってつけとお考えになったのかもしれません。私が蜂の大群に襲われたのが約10日前。先週火曜日(約一週間前)に「非常に頭が痛い:蜂の大群」という記事をエントリしたわけですが、その後、お会いした方々の大半が「蜂刺され大丈夫ですか?」と聞かれました。「蜂の巣の現場を見たい」と当社のインターン生にも言われてしまいました(もちろん連れて行くことはありませんでしたが)。


さて、「非常に頭が痛い:蜂の大群」という記事をアップした後、ある方からはメールにて「はち刺されにはご注意を」といった内容のご連絡を頂戴したり、はち刺されに効きますようにということで、何とわざわざ、あるモノを贈っていただいた方もおられました。数日間、更新できなかったわけですが、アクセスが多いとは言えないとしても、私の拙いこのサイトをご覧いただいている皆様のお力・お気持ちを感じることができました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。
------
お蔭様で、もうすっかり蜂刺されは治っているのですが、まだ駐車場には蜂の巣があります。もうお盆休みも終わったので駐車場のオーナーに蜂の巣を取り除いてもらうように依頼しようと考えています。

子供への危険性という観点からも少しだけ蜂について調べたのですが(専門家ではないので間違っているかもしれません)、蜂の生態は以下のようなものらしいです。

春:
女王バチが越冬から目覚め、一人で巣を作り始め、産卵し幼虫を育て働きバチを増やす。

夏:
成長した働きバチは巣作りを手伝い、文字通り働きに専念する。女王バチは再度、産卵に専念し、次の新女王バチがさなぎになって出番を待つ。

この夏場の巣作り(営巣)で巣が手狭になると、さらに広い場所を求めて引っ越しをする習性が蜂にはあるそうで、今回、私が遭遇した蜂の巣も、今まで無かったわけですので、新天地を見つけた新しい蜂の巣なのでしょう。誰でも引っ越し先に知らない人が侵入したらびっくりするわけで、私が蜂の大群に攻撃されたのも仕方がありません。
------

さて、今回、少し蜂の生態について調べたわけですが、蜂というものは最初は女王バチが一人で巣をつくり、産卵し、兵隊である働きバチを増やしていく、そして、兵隊が揃ったところで、再度、次の女王バチを誕生させるべく、産卵に専念し、その間は働きバチが巣を作り続けるといった感じのようです。そして巣が狭くなれば新天地を目指し、新しい巣を作る。

何となく、今の政界に似た感があります。女王バチが時の総理なら、失礼な表現かもしれませんが、今の働きバチは郵政民営化賛成の議員の方々なのでしょうか。そして今の総理はさらなる新しい働きバチの方々を探し求め、誰もが予想しなかった兵隊が誕生しつつあります。また、最近は新しい巣を単独でつくる方々もおられるようです。いずれにせよ私が蜂に襲われたように、奇襲攻撃も政界では盛んなようです。また、蜂の種類によって巣の形が様々なところも政界と似ているようです。

植物の受粉など自然界のバランスを保持し欠かせない重要な役割を担っている昆虫が蜂です。また、女王バチは毎年、世代交代します。次の新しい女王バチの誕生のために、そして一心不乱に他に何も考えず、懸命に巣を作り続ける働きバチ達との共同体、それが蜂の世界です。もちろん、誰も女王バチを蹴落とそうなどとは考えてもいないはず。この点が少々、政界と違う点かもしれません。政界と蜂の世界を比較するのは極論かもしれませんし、蜂の種類によっては政界に似た習性を持っているものもあるかもしれません。

さて、偶然かどうかわかりませんが、蜂たちが最も活発に活動する時期と選挙が重なりました。選挙の結果はまだわかりませんが、誰もが納得する女王バチの誕生と新しい巣を懸命に守ろうという一つの目標の集合体が次の日本の政治を担って欲しいと私は考えます。
2005.08.18 Thursday | 時事問題への思い | comments(13) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

こんにちは、
前回のエントリで、「しばらくエントリ休止の可能性」に言及されていたので、
ついに「立候補」か?と思ったのですが、勘違いだったでしょうかね。
おおた葉一郎 | 2005/08/19 11:06 PM
おおた様、残念ながら立候補は念頭にありませんでした。
エントリ休止は夏休みみたいなものです。
というよりもおおた様こそ、立候補されるに資する方と思っております。おおた様が立候補されればお互いで新党をつくりましょう。「一郎党」なんてどうでしょうか?
小島愛一郎 | 2005/08/20 7:48 AM
はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。
わたくし北原商店の北原と申しまして、この度社長ブログリンク集
仕事人.com( http://www.shigotonin.com/ )を公開いたしました。

コンセプトは、現在ご活躍中の社長様のブログをより多くの
ユーザに知っていただくための、情報発信サイトでございます。

小島 様のブログサイトをリンクさせていただきましたので、
ご報告申し上げます。お気づきの点等ございましたら、お気軽に
ご連絡くださいませ。今後ともよろしくお願いいたします。
北原 和典 | 2005/08/21 11:37 AM
北原様、わざわざお知らせいただき御礼申し上げます。
他に大西宏様、dawn様も社長でいらっしゃるので掲載をご検討くださいませ。
小島愛一郎 | 2005/08/21 8:21 PM
こんにちは、
一郎党ですか・・愛一郎+葉一郎+純一郎?
おおた葉一郎 | 2005/08/21 10:03 PM
早速のご連絡をいただき、ありがとうございます。
また、ご紹介いただきました大西様・土井様をリンク
させていただきましたので、ご報告申し上げます。
ありがとうございました。

今後とも仕事人.comをよろしくお願いいたします。
北原 和典 | 2005/08/22 9:33 AM
>おおた様、「愛一郎+葉一郎+純一郎」なかなかのメンバーだと思います。これに加えて本家の小沢氏が選対でカバーしてもらえれば、今から立候補しても遅くはないかもしれません。

>北原様、先ほど確認致しました。わざわざご連絡いただき御礼申し上げます。
小島愛一郎 | 2005/08/22 10:00 AM
小島さん、こんばんは。
いつもコメントを戴きながら、こちらへのコメントをごぶさたしていて申し訳ありません。
「一郎党」で5名集めたらすごいでしょうね。
いや、いずれにしても今回は投票できないのでした、笑。
あざらしサラダ | 2005/08/25 10:07 PM
あざらしサラダ様、最近、私も更新できず「週刊、社長の挑戦」状態になりつつあります。今、自宅ですが、あざらしサラダ様の携帯電話関連の記事を会社で拝見し、「携帯電話」懐かしいなぁと独りで少々、感慨にふけっていました。コメントできずこちらこそ申し訳ありません。
さてさて、一郎党ですが、冷静に考えると5人揃えば可能なのですが、誰が代表になるのかなと考えると私が代表になりたいのですが、他の4名にお許しを頂戴できないのかなと思いつつも(今からでも遅くは無いかもです)。新党のネーミングは葉一郎氏に考えていただくのがベストなのは明確なのですが。やっぱり私は幹事長クラスかな。。
小島愛一郎 | 2005/08/25 11:56 PM
まず、小島さま、こんにちは
ネーミングは、党首の名前を考慮して、
**輝け!「☆愛・地球党☆」がいいですね。

ところで、もう一人たりないのでは?「あざらし一郎氏」?

次に、あざらしサラダさま
引越し後の選挙権の問題とか、海外赴任中とか、期日前投票とか、不在者投票とかちょっとまとめています。なぜかって?9月11日に中人数のゴルフコンペの幹事なのですが、選挙が予約後に決まったので、選挙の手配もしなくてはならなくなって調べていると、いろいろと・・・

それと電話機の件も、軽く。
ではでは
おおた葉一郎 | 2005/08/26 8:27 PM
おおた様、コメント返信遅れました。
実は隠れてもう一つブログつくっておりまして。完全に本業に特化したものなのですが。

>輝け!「☆愛・地球党☆」
なるほど、そうなると愛・地球党代表おおた葉一郎となりますね。お互いMBAなので外交・経済は問題なし。私は文部科学省、環境省、農水関連、防災関連も何とかなるでしょう。
となると、あざらし一郎氏は総務省・国土交通省?
あとは法務省・警察関連は小沢さん?
で、宮内庁が小泉さん(う〜ん、微妙ですね)
小島愛一郎 | 2005/08/27 8:26 AM
小島さん、こんにちは。
いつの間にか、シャドウキャビネットの話で盛り上がっていたのですね。
あざらし一郎には、携帯電話と交通安全問題で総務・国土交通省をお任せ戴けますか、どうもありがとうございます、笑。
最新エントリーでも書きましたが、携帯電話問題では企業側もようやく改善に向けて動き出したようで、今後に期待したいと思います。
あざらしサラダ | 2005/08/28 4:50 PM
あざらしサラダ様、今回の選挙は少々、出遅れですが、次の選挙では、是非とも出馬しましょう。
(何となく、参議院選挙が近づいていると思っている私。)
となると、我々は参議院議員か!!
ちなみにおおた様、あざらしサラダ様、私、その他含め、政策のすり合わせは必要ですね。
(でも、まだ一回もお会いしたことが無いので国民の皆様には顔向けできませんが。。。)
小島愛一郎 | 2005/08/28 6:38 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/395
皆様からのトラックバック
東ひづるさんに堀江(ホリエモン)さんと、「刺客」で大騒ぎの選挙ですが、既に術中にはまってますよね。 大事な大事なマニフェストはどこかに飛んでしまっているし、誰が郵政民営化に賛成で、誰が反対かしかわかり
「刺客」で大騒ぎの選挙 | ヤースのへんしん | 2005/08/18 1:54 PM

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top