ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トラックバックスパムとスパムメール | トップに戻る | 「もぉてんじぇる」さんがテレビ出演!! >>

寝待月、そして母の作品ご披露



 ご承知のように9月18日は仲秋の名月でした。いわゆるお月見の日です。この日、母から一通のメールが到着しました。さて、私の母は、このサイトをわざわざ「小島愛一郎」と検索して、アクセスする唯一の読者なのですが、それはさておき「書道家」なのです。数年前までは自宅で書道教室を開き、また今はどうか知りませんが、書道の展覧会に出展する程の腕前です。
 お月見の日に私のサイトでエントリして欲しい旨のメール内容だったのですが、少々、多忙であったため、本日のエントリと致します。
冒頭の画像は「秋」。
 小さな子供が真っ赤な秋の中で栗や落ち葉を拾っているという情景をイメージしたものだそうですが、「筆が少し荒れたと思っています。」というコメントも入っていました。どこがどのように荒れたのか私には判断がつきませんが、いずれにせよ、専用の用紙に筆で書き、スキャンし画像処理するという流れです。「秋」については画像処理せず、「和紙」に書いてスキャンしたとのことでした。

 母によると9月17日が「待宵月」、18日は「仲秋の名月」、20日は「彼岸の入り(秋)・立待月」、21日は「居待月」、22日が「寝待月(臥待月)」、そして明日23日が秋分の日となるそうです。



こちらが本日の「寝待月」で、意味としては、月が昇る時間が遅く、ゆっくりと寝て待つという文字通りの意味合いがあるそうです。こちらの作品は「洋紙」を用いてスキャンしたとのことでした。



 こちらは「あかとんぼ」。「寝待月」同様、「洋紙」を使ったそうですが、どちらの作品も、基本コンセプトとして「シンプルで誰でも読める字で書いた」とのことでした。

 今回、ご紹介した作品は単純にスキャンしただけですが、私の母はスキャンした画像を画像処理ソフトを使って、さらに色づけし、それを絵葉書にするなど、いろいろとチャレンジしているようです。私は来月に38歳になるわけですので、おおよその母の年齢はご想像いただけると思うのですが、母の世代で「ブログ」を知っているかどうかはともかくも、パソコンを駆使し、スキャンや画像処理、そして添付ファイル付きメールができるとは私としては少々、驚いています。
 できる・できないの是非ではなく、できる状況が整備されたということなのかもしれません。昔と違ってパソコンも周辺機器も安価になり、各種ソフトの使用方法に関する書籍も、それも本当の初心者の方々にも理解しやすいものが多数あります。また、パソコンや周辺機器の変化が無ければ、今回、ご紹介したような新しい「書道の表現方法」もできなかったとも言えます。

 さて、実は私は生まれつき「左きき」なのです。しかし、小学生の時代に母の師範であった方が運営されている「書道教室」に通い、字だけは右手で書くことができるようになりました。しかし野球は投げるのも打つのも左きき、小学生時代から高校生まで続けていたサッカーは右足が主体ですが、元来が左ききなので、基本的に両足でボールを扱うことができる、お箸は左手、その他、様々な状況に応じて、今では「左きき」なのか「右きき」なのか、よくわからない状態にあります。ただ基本的には「利き腕は左」だと思っています。ただ、元ホテルマン時代は右手を基本としてお客様へサービスしなければなりませんでしたので、非常に苦労していました。

 以上、今回のエントリは、母の依頼を受けたもので、私単独の考えから発しているものではありませんので、極めて話の展開が狭くなっていますが、「お母さん、これにてご勘弁下さい」。
 では、皆様、良き週末を。そして母のためにも暖かいコメントをいただければと存じます。
2005.09.22 Thursday | 私の趣味 | comments(16) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.03.11 Saturday | - | - | -

皆様のコメント

こんにちは
優しく、美しい文字は見ていて穏やかな気持ちにさせられます。今日の東京は曇り、泣き出しそうな空ですが、秋晴れの空や雲の向こうの月を想像して、拝見させて頂きました。dより
dawn | 2005/09/22 5:25 PM
はじめまして。お母様の作品、先の方のコメントにもありますが何か安らぎを与えてくれる、心を落ち着かせてくれるような気がします。
お恥ずかしいながら、サン・アクトの事業内容をこのブログと出会う事によって初めて知ったのですが緑化ベンチャー、面白いと言っては失礼ですが、凄いですね。エコと人間社会との両立をコンセプトの一つに活動されている所にまた魅力を感じます。日々の積み重ねがより大きな意味を持ってくると思いますが頑張って下さい。
Issei | 2005/09/22 7:55 PM
ある意味、専門家として多くの作品に触れられており目の肥えておられるd様の心を穏やかにさせる作品だったのでしょうか。私の母の作品は。このあたりの識別が私には何とも自信がありません。

ただ、今、夜中の1時を過ぎた頃。目の前には熱帯魚が楽しそうに泳いでいます。彼らの魚の動きを見ながら、心が落ち着いてきています。

今回、ご紹介した文字・作品も、d様がご指摘の通り「穏やかな気持ち」になれる「記号=文字」として感じていただける方が多いということかもしれませんね。

もちろん、このレベルで営利追求など私も母もまったく考えてはいませんが、「穏やかな気持ち」を欲する方々は現代の社会状況においては多数、おられるのでしょうね。

それが文字なのか、画像なのか、音楽なのか、そして世代によって違うのか。シルバー世代の方々にとっては何がベストチョイスなのか知りたい気持ちはありますが、この視点も日々刻々と変化しているような感もあります。
小島愛一郎 | 2005/09/23 1:33 AM
Issei様、こちらこそはじめまして。
時間も遅いので貴殿のサイトをじっくりと拝見することもでき、返信コメント、ご容赦下さいませ。

>お母様の作品、先の方のコメントにもありますが何か安らぎを与えてくれる、心を落ち着かせてくれるような気がします。

恐らく、このコメント・感想は私ではなく私の母が、大喜びしている内容ではないかと思っております。

>エコと人間社会との両立をコンセプトの一つに活動されている所にまた魅力を感じます。日々の積み重ねがより大きな意味を持ってくると思いますが頑張って下さい。

頑張ります。激励ありがとうございます。この記事で409個のエントリとなります。文字通り、本業もブログも日々の積み重ねです。それでは「遅い」という投資家もおられますが、積み重ねが、結果として近道であると私は確信しています。
小島愛一郎 | 2005/09/23 1:48 AM
小島さん、こんにちは。
素晴らしい「お母様」ですね、見ているだけで心が和むような気がします。
うちの娘も書道を習っているので、いつかはこのような作品が書けるようになるのかな、なんて親馬鹿な期待を、笑。
あざらしサラダ | 2005/09/23 11:40 AM
あざらしサラダ様、娘さんも書道を習っておられるとは存じ上げませんでしたが、心が和むような気になられたとは、これまた私の母親も喜んでいることだと思います。

しかし、よく考えてみると、書道はともかく、こういった写真や芸術関連のいわゆる目で見て何かを個々がそれぞれ違った思いを抱く、という生活から多くの日本人は遠のいてしまっているのかもしれませんね。美術館や展覧会に行かなくても、一歩、外に出れば、同じような風景を楽しむことができる、そんな時代はもう戻っては来ないのでしょうね。
小島愛一郎 | 2005/09/23 2:08 PM
いいですね、「秋」〜紅葉〜
イメージが湧きますよね。
黄色い紅葉の押し葉が合いそうですね。

書家と呼ばれる人は、画像処理とかにアレルギー反応を持ってそうですが、お母さんは芸術家なんでしょうね。
素晴らしいものに手段は関係ないと思います。

何よりも、私にも読めるのがいいです。
謎解きのような文字を書かれても読めませんし、何も伝わらないですものね。

これからもお体を大事にされて、素晴らしい作品を創り続けられますように。
ヤース | 2005/09/24 8:52 AM
ヤース様、ありがとうございます。
何といってもご指摘の通り、読めるのがまず前提なのかもしれませんね。書道家の方々には普通に読むことができて当たり前なのが、他の人にはそうは思えない。

本人は普通だと思っていることが他者には何のことかわからない、そんなことが多すぎる世の中になってしまっているのかもしれませんね。

さて、私のお母さん、多くの方にコメントを頂戴しましたよ。
何か一言お願いしますね、お母さん!

小島愛一郎 | 2005/09/24 2:23 PM
素晴らしいお母さんですね。「小さな子供が真っ赤な秋の中で栗や落ち葉を拾っているという情景をイメージした」という一言に、芸術家だなぁ☆と思いました。
私は小島愛一郎さんより11歳年上なので、お母様のように、少し前を歩く年代の方の生き方に、すごく興味があります。
こんな生き方をしていらっしゃる先輩の存在を知って嬉しいです。励みになるし、ある意味同士のような気がします。
それにしても「これにてご勘弁下さい」。の一言が、なんとも微笑ましいですね☆

PS
告知宣伝させて下さい。m(_ _)m
10/6(木)深夜2時55分から、
4チャンネルの「MTM」という番組に、
我が家族バンド「もぉてんじぇる」が出ます。
興味のある方は、チェックしてやって下さいね。
真夜中ですので、是非ビデオ予約で。(^^)
えみしゃん様、久しぶりのコメントありがとうございます。
(でも毎日のようにご覧いただいている感はありますが)

えみしゅん様も芸術家、アーティストなので、私なんかとは違い、受け止めるもの、感じ取れるものが違うのでしょうね。

>「これにてご勘弁下さい」。の一言が、なんとも微笑ましいですね☆

いやはや本音ということで、やはり自分の思いをそのまま書くものとは少々、展開が弱いかなと(と書くと、いつもそんなに展開した文章なのか!)、と突込みが来るのでこのあたりにて。

ではPSの文章は単独でエントリといたしますね。
小島愛一郎 | 2005/09/25 1:20 PM
小島さま
この度は初めて木村さんのおりんごとご縁がつながりまして毎日感謝しながら頂戴しております。ここまでのおりんごを完全無農薬でお作りになる木村さんには心から頭の下がる思いでいっぱいで皮まですべていただいております。
さて、お母様の書、とても素敵です。私もかれこれ10年以上書と関わり、今はいかに自分の想いを書に反映させることができるかということをテーマにしております。
食べ物でも書でも何でもそうですが、作り手の想いが知らず知らずのうちに作り上げたものに入り込んでいることを感じるにつけ、あらためて人間性を問われているような気がして思わず襟を正してみたり・・。
そういう意味で木村さんのおりんごにも木村さんの深い愛情やいろいろな想いが詰まっていて、いただく私たちにそれが伝わるということなのでしょう。
すべてに通じることとしてあらためて学ばせていただきました。ありがとうございます。
lily | 2005/09/25 4:22 PM
lily様、もうお手元に木村氏のつがるが到着したようでほっと一安心でございます。是非ともご堪能ください。まもなくリンゴジュースや他の品種も販売開始されます。

私は、木村氏と出会い、青森・弘前で結婚、子供も5人のうち、2人は生まれました。lily様も「書」に関わっておられるとはもちろん知りませんでしたが、何かの折に当社までご送付等いただければ幸いです。

作り手の気持ちは、本物であれば、作り手の意に合わない形でも最後には、真っ直ぐに伝わると思っています。それが木村氏のりんごであり、我々の姿勢ではないかと考えています。

これからもよろしくお願い申し上げます。
小島愛一郎 | 2005/09/25 7:36 PM
暖かいコメントを沢山頂戴いたしまして有難うございました。お蔭様で、皆様から「元気」をいただきました。
80歳になったら良い字が書けると聞いたことがあります。
私も、あと、ン十年自分自身に期待をしながら、それを目指したいと願っております。
「これでご勘弁ください」の言葉にめげずに、又お邪魔させていただくやもしれません。そのときは、どうぞよろしくお願いいたします。
 それでは、実り多き秋をお過ごしくださいませ。 
小島愛一郎の母 | 2005/09/26 6:08 PM
お母さん、コメントわざわざ御礼申し上げます。
(もちろんこのコメントは私ではなくこのエントリに感想を寄せられた各位へということは承知の上で)

さてさて、またメール等でネタを送信いただいても良いのですが、基本的には「これでご勘弁下さい」ネ。

実り多き秋ということで、リンゴ購入してくださいね、率先して。いずれにせよ気軽に今後もコメント願います。

そして、このエントリに多数のご意見を頂戴した各位に改めて御礼申し上げます。
息子です。 | 2005/09/27 4:07 PM
お疲れ様です。
杉本です。
お母さんの作品に
つい、引かれました。
コメントを少しだけ、書かせていだきます。

会社の玄関を入ると右手の靴箱の上に、
季節ごとに変わるお母さんの詩。
小さなギャラリーですが、
私にとっては贅沢な空間と感じています。

筆の動きや、濃さ
詩の内容(半分以上読めないときもありますが・・・)
用紙の選択
印の種類や押す位置
横に添えられる季節のいけ花
キッチンから漂うご飯の匂い
作家の息使いがここまで伝わる
ギャラリーは、他に無いでしょう。

パソコンや写真では絶対に伝わらないものを大切にしたい。
季節の移ろいを常に感じていたい。

そう思いつつ、
目先の仕事に追われる日々ですが

お母さんの詩に救われておる今日この頃です。



杉本 | 2005/09/29 10:31 PM
杉本様、お疲れです。今日もありがとうございました。

恐らく母は寝ていると思われ、かつご承知のように明日コメント返信できないため、今、まもなく夜中の1時ですが御礼コメントを。

杉本さんのお気持ち、恐らく社員全員が理解できるでしょう。また目先の仕事に追われることも理解できる。

相反する内容かもしれませんね。

結局、杉本さんなりに求める、仕事として具現化したい空間、それを具現化している、あるいは具現化しようと意識せずとも他者には具現化として解釈できる私の母の空間。

大きな差は無いと思います。結論としては、杉本さん・私・私の母、といった関係者はともかく、杉本さんのクライアント、そしてその空間を訪れた第三者がどう認識するか。貴殿のメッセージを有形無形に伝わるかどうかなんです。

そして、クライアントだけでなく貴殿も知らないクライアントを訪れた第三者という最もフィルターが通っていない、素の世界の方がどう評価されるか、これはどういった業・サービスにもつながるんです。

では明日、ピカスよろしくです。
杉本さんの上司 | 2005/09/30 12:54 AM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/409
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top