ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< 雪、停電、そして大都市の機能 | トップに戻る | 検索トラックバックにも出会いがあるかもしれない >>

私のコンプレックス、そして親として

休み中に子供たちと「少々、激しい戦いごっこ」をしたため、私の眼鏡が曲がってしまいました。良くあることなので、自分で小型ペンチなどで、修理したのですが、どうも失敗したようで、かなり上下左右のバランスが悪くなり、結局、購入先の眼鏡チェーンに本日、行かざるを得なくなりました。

いつものように店員さんに「眼鏡が曲がったので修理してください」と頼むと、突然、「オーバーホール修理書」といった紙を出され、「ちょっと時間がかかりますがいいですか?」との回答が。本当にかなり私の眼鏡は曲がりくねっていたようです。

このサイトで何度か書いていますが、小学生の頃から大の本好きであった私は、布団の中で懐中電灯を照らして本を読み続けたため、小学校中学年頃から、眼鏡をかけていました。あの当時は、いわゆる「黒ぶち」の「牛乳瓶の底」のようなレンズしかなく、眼鏡をかけることに、かなりのコンプレックスを感じていました。
(黒ぶち、牛乳瓶の底、といった表現も今の子供たちには、わからないかもしれませんが。)

実は、数週間前に次男坊が眼鏡を必要としなければならない状態となったため、一家全員で眼鏡屋さんに行ったのですが、世間は変わったなと改めて実感したところです。何といってもカラフルかつ、耐久性に優れたものなど、様々な眼鏡があり、次男坊もご満悦の様子で、学校では「ハリー・ポッター」と呼ばれているようで、恐らく、眼鏡に対するコンプレックスなど皆無のようです。

さて、少し、私の「コンプレックスの歴史」について書きます。深い意味はありませんが。
-----
上述したように「眼鏡」に対するコンプレックス(いわゆる、眼鏡をかけている自分が格好悪いと思うこと。)は、小学校時代以降、常に存在し、結局、中学から大学生、米国留学中など、コンタクトレンズを使っていました。若かりし頃は、人前では常に「眼鏡無し」という状態だったわけです。大学の頃は、キャンプなどあまり衛生状態が良いといえない場所でも、コンタクトをしていました。一日中、コンタクトをつけ、寝る前に眼鏡に変える時の何とも言えない「安堵感」が今も忘れられません。

社会人になってからは、時代も変わり、眼鏡もある程度、バラエティに富んだものを選ぶことができたため、今は、人前でも常に眼鏡をかけており、もうコンプレックスはありません。

少し話は変わりますが、私は小学4年生まで「いじめられっ子」でした。厳密には3年から4年生までの2年間、様々な手法を用いて、クラスの仲間にいじめられました。何がきっかけだったか、すっかり忘れましたが、自分でも良く耐えたなという記憶は残っています。ただ、あの経験が2年間以上、続いていたとすれば、今となっては想像できませんが、私も大きな心の傷を負っていたのかもしれません。

そして、5年生になると突如として、「いじめっ子」に私は、なりました。私の親も相手の子に謝りに行ったり、先生にも、何度もやめるように言われました。私が「いじめっ子」だったのは、小学生時代だけでしたが、本当の意味での悪質な「いじめ」ではなかったと思っています。
(ここらあたりの「いじめに関する私の考え」については、また別の機会にでもエントリします。)
-----

そして、中学時代は、「短足」と常に言われ続けていました。私は身長が低く、かつ体格ががっちりしており、かつサッカーをやり続けていましたので、どうしても実際に「短い足」が、外観からは「かなり短い足」に見えたのでしょう。中学の遠足など、他のクラスの女の子が、わざわざ私を探してきて、「本当に足が短い!」と叫ばれた時のことは、これまた強烈な記憶として残っています。

ただ、眼鏡についても、自分の容姿についても、今では何のコンプレックスも感じていません。ただ、やはり思春期といわれる時代には、誰もがそうだと思いますが、コンプレックスを持っていたはず。私の場合は、「眼鏡をかけた自分の顔」であり「短い足」だったわけです。しかし年を重ねるにつれ、これらの要因を「まったく気にしなくなった」ため、コンプレックスは解消され、そしてトラウマにもならずに済んだわけです。

もちろん、私の年齢と同じ方々の中には、今でも様々な悩みや、コンプレックスを持たれ、それがトラウマにまで発展されている方もおられると私は思います。そして、このことについて私は何も否定することもなく、かつ意見や考えを述べる立場にもありません。
-----

さて、私の子供たちも成長していくに従い、これから様々なコンプレックスを抱くかもしれません。私も、子供たち自身も予測できない悩みになる可能性もあるでしょう。程度の大小はあるにせよ、思春期あるいは成長の過程で、「避けざるを得ない体験」だと私は考えます。

子供たちの悩み、コンプレックスを親である私が理解し、基本は自分で克服すべきものですが、これらを解消する方法を少しでも親として伝えたい、手伝いたいという気持ちは、誰も否定することはできないと思います。異論反論があるかもしれませんが、これは親としての務めであると私は思います。もちろん、自分の子供たちについて完全にできていない状態である私に、このようなことを言える資格があるのかと問われるかもしれませんが。

ただ、そして綺麗ごとで、かつ言うことは簡単ですが、一人一人の家庭・親が、自らの子供に対し、今、どんな悩みを持っているか、どうすれば克服、乗り切ることができるのか、これらを親として常に意識し、行動していくことは、信じられないような残念な事件の加害者になることを防ぐ最初の第一歩、いや、必ずすべきことではないかと私は考えます。

親であること、子供を育てること、これは「大きな責任を伴うものであること」を私も含め、再認識すれば、現代社会の間違った方向への一つの答えの糸口が見えるかもしれないと私は思います。
-----

「テクノラティ:タグ」
2005.12.26 Monday | 私の人生 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
トラックバック機能は終了しました。
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top