ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< 論理的思考能力よりも大切なもの | トップに戻る | 花粉症になったのかもしれません。 >>

車が電信柱にぶつかった件、そして代車に困る

先週末の日曜日、午後はずっと子供たちと公園で遊んでいました。

昔は、子供たち全員を車に乗せ、公園へ移動していたわけですが、最近は、長男・次男・三男それぞれ自転車で公園へ出かけます。まだ自転車に乗ることができない四男坊だけ私は車に乗せて公園へ移動するわけです。(末娘は、まだ公園で遊ぶことはできません。危険です。)

いつも行く公園はかなり高台にあります。最近になって自転車に乗ることができるようになった三男坊にとって、帰り道は急な坂道を下るという、かなり命がけの自転車乗りとなり、三男の姿を車を運転し、横から見守りながら帰宅しています。もう少しすれば、見守ることなくうまく自転車を乗りこなせるとは思っていますが。

さて、先週末の日曜日は、子供たちの友人など総勢15人くらいで遊んでいました。大人は私を含めて2人。3歳から10歳程度の幅広い年齢層の子供たちが、それぞれやりたいことをしており、2人だけの大人ではかなり注意しないと何が起きるかわからない状態でした。

ちょうど夕方4時30分となったため、子供たち全員に「帰るぞ〜!」と私は叫びました。そして、10人以上遊んでいた子供たち一人一人に忘れ物が無いかなどを聞き、その後、彼らはそれぞれ帰っていきました。しかし、ふと周りを見渡すと最も大切な我が家の自転車組3名は、父親に何も言わずに、既に自転車に乗ってしまったようでした。「これは危ない」ということで必死になって四男坊を車に乗せ、あとを追いかけることに。

そして、あまりにも焦ったため、今回のエントリの件名の通り、私の車は電信柱にぶつかってしまいました。しかし、車がぶつかったことよりも、まずは三男坊が無事、自宅に戻っているかの確認が優先であるため、車の傷を見ることもなく、一目散で自宅へ。お蔭様で三男坊は無事、帰宅していたため、少々、落ち着いた私は車の傷を確認することに。

基本的に助手席のドアが半分程度しか開かないほどのへこみ傷がありました。少しのかすり傷が車についても私は気にならない人間なのですが、今回は修理が必要な状態です。「困ったな、まぁ月曜日にガソリンスタンドで見てもらうとするか」ということで昨日、夕方の打ち合わせの前にいつものスタンドで車を見てもらいました。

そして、いつものスタンドで驚くべき事実が判明しました。
-----
「どうしたんですかこれは、凄い傷ですね」とスタンドの店員さん。
「まぁいろいろとありまして。すいませんが時間が無いので簡単に修理代を見積もって下さい」と私。

「ざっと見て、最低でも10数万はしますよ」と店員さん。私はもっと費用が必要と思っていたため、一安心しながら、「それではこの週末、土日で修理をお願いできますか」と聞きました。

「ちょっと待って下さいね。工場と確認しますから」と店員さん。その後、店員さんから、修理に何と10日間以上は必要との非常に私にとって予想外の答えが返ってきました。

「そんなに日数が必要なんですか? 土日では無理ですか?」と私。
「すいません。修理中は代車を用意しますので」と店員さん。
「そうですか、まぁ仕方が無いですね。で、どんな代車ですか?」と私。

ちなみにご存知のとおり、我が家は総勢7人家族で、基本的には車は7人乗りでなければ駄目なわけです。

ということで、店員さんが見せてくれた代車は、下記のような軽自動車でした。

チョロQ トヨタWish 95
チョロQ トヨタWish 95
(もちろんチョロQではありませんが、いずれにせよ4人乗りの軽自動車です。)

「知っているでしょ、私の家族が7人ということは。他に代車は無いのですか?」と私。
「すいません、いくらなんでも7人乗りの代車は用意しておりません、ご勘弁を」と店員さん。

10日以上も軽自動車で過ごす日々がまもなくやってきます。3月は年度末ということで保育園も小学校も様々な催しがあり、家族全員で出かける必要もあるのですが、何とかやりこなすとします。

どうしても家族全員で出かけなければならない時は、私としては、「妻が軽自動車を運転し、私が自転車で追いかけるという作戦」が今のところ唯一、浮かんでいるのですが、何か他に良いアイデアがあれば皆様、お知らせください。お願いいたします。まもなく現実の問題となりますので。

いずれにせよ、今の7人乗りの車もあと数年すれば、家族全員で乗るにはかなり窮屈になりそうです。子供たちの成長に応じて、車のサイズも変化するような自動車が販売されれば、少子化の時代ではありますが、少なくとも私は買うでしょう。

ちなみに、次回、予定している我が家の車は、下記のとおりです。笑い話でなく、5人の子供たち全員が10代となった頃には、このくらいの大きさと多目的要素がある車が必要なのです。

トミカ (ブリスター) No.48 トヨタ ハイエース 多目的車
トミカ (ブリスター) No.48 トヨタ ハイエース 多目的車

以上、ブログのエントリ内容自体も、そして実際に会っても「真面目な男」と言われ続けていますので、たまには少々、力を抜いたエントリをお許し下さい。

さて、期末に向け、残り少ない日々となってきています。業務再開と致します。
2006.03.07 Tuesday | ちょっと休憩 | comments(12) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

こんにちは、
その辺のビジネスに係わっていたことがあるのですが、
その前に、一般論として、ドアがへこんだ場合、室内のライトが消えなくなって、そのままにしてバッテリーが上がることがあるのでそれは注意です。もう一つ、ガソリン漏れがないことだけは確認してください。景気良く燃えますから。
さて、車両保険に入っている場合、指定工場がある場合があります(外資系など)。
もっとも、安全なのはカーディーラー系ですが、直さないでクルマを買うように勧められたりすることがあります。
スタンドの場合、自社工場を持っている場合がたまにありますが、通常は契約工場があります(ロータスクラブとか・・)。10日待ちということは、たぶん、小さな工場と契約しているのではないでしょうか。
次に、代車の件ですが、大きな工場では、用意してあるところもあるし、レンタカー会社と契約していることもあります。最近は、保険会社が大手レンタカー(オリックスとか・・)と契約している場合もありますが、文脈からいうと車両保険は使われないようですね。
代車の件は、ゴネると改善される場合もありますが、修理費に上乗せされるだけかもしれません。
器用な人は、ネット上でドアだけ買って、とりつけと塗装だけ頼む人もいるようです。

トヨタの回し者ではありませんが、エスティマにはハイブリッドがありますが50万くらい高かったような気がします。
おおた葉一郎 | 2006/03/07 5:42 PM
おおた様、いろいろとアドバイスありがとうございます。

さて、本日、正式な見積がきたのですが、30万円也でした。青森で4WDを乗り回していた時以来の約10年ぶりの車のアクシデントです。

私は専門家ではないので真偽の程は何とも言えないのですが、10日の修理期間が必要なのは私の車は特殊な塗装だそうで(といいながらも今の新車なら当たり前の塗装と思います)、助手席側サイドすべてを塗装しなければならず、これに時間を要する(塗装の乾燥を待つ)らしいです。本当なんでしょうか?

で、危惧いただいているガソリン漏れやバッテリ関係は大丈夫です。私もまず、このまま車に乗っていても安全かということを確認しました。

ということで車両保険を使わざるを得ない値段となりましたが、実は私の会社は保険代理店もやっておりまして(なぜなのかはまたいつかどこかで)、明日、当社担当者と相談してベストソリューションを模索します。

最後に、私も過去に一度、エスティマに乗ったことがあるのですが、かなり広かったですね。ハイブリッドは仰るとおり50万程度高いと思いますが、税金・維持費を考えるとハイブリッドの方が良いと思います。
(でも、今回のエントリで紹介した多目的車は個人的に魅力を感じておりまして。。。)

ではまた修理が終了すれば報告します。また何か良きアドバイスあればよろしくお願いいたします。
小島愛一郎 | 2006/03/07 7:53 PM
30万円には驚きませんが、乾燥10日はありえません。だいたい自然乾燥でやるのかなあって疑問。長くなって高くなるのは代車費用のような気もします。あまり妙な修理は保険会社に否認されるかもとも心配(一応、損保ノンマリンの普通資格も持っているので)。ポイントはドアを直すのか、交換するのか。(交換するなら新品ですから(中古でない場合)塗装は不要)多少色が違ってもいいかどうかという割り切りもあるし。感じだけですが、10万円くらい高いかもしれませんね。感じは代車費用が埋もれているような・・
おおた葉一郎 | 2006/03/07 11:23 PM
またまたのアドバイス、心より御礼申し上げます。

乾燥10日間はありえないのですね。少し説明足らずの点を補足ということで。

助手席側フェンダーを交換しますが、後部座席(助手席側)にも大きな擦り傷があるため、こちらを塗装です。またバンパーやリアドアも大きな傷があるため、塗装します。

塗装20万円程度で残りが脱着・修理・交換・板金といった感じの名目が並んでいます。

さてさて、長期間、世話になっているスタンド(外資系)ですが、保険会社と相談し、シビアな解決策を講じることとします。

おおた様、いずれにせよいろいろとありがとうございます。心より。
小島愛一郎 | 2006/03/07 11:35 PM
大変ですね。以前、免許を取ったばかりの娘がひとりで夜の狭い道を運転し、同じような情けない状態になったことがありました。
大西宏 | 2006/03/07 11:59 PM
大西様、そうなんです大変なのです。
娘さんの状況も想像できます。ただ(娘さんのことを批判するわけでなく)、私は一応、小さいながらも社長をしておりまして、どうしても時間とコストを鑑みると時間を優先してしまう状況にあります。

早く修理に着手し、そして修理終了の声を聞きたいと切に願っています。
小島愛一郎 | 2006/03/08 1:29 AM
スタンドは京都でシェアの高いE系代理店ではないかと想像しますが、いずれにしてもスタンドが損をすることはありえない(儲けそこなうだけ)ので気にしなくていいでしょうね。
ところで元E社京都営業所長は今ヴィトン銀座店店長やっているはずです。
おおた葉一郎 | 2006/03/08 8:01 AM
♪車は大変でしたが、ともかくケガがなくて良かったですね。

ところで、
>子供たちの成長に応じて、車のサイズも変化するような自動車が販売されれば
我が家では、私の成長(体重増)に応じて車のサイズが変化していると、家族からひんしゅくを買っています、笑。
あざらしサラダ | 2006/03/08 11:11 AM
おおた様、鋭いご指摘です。E系代理店です。

>ところで元E社京都営業所長は今ヴィトン銀座店店長やっているはずです。

そうなのですか。外資系特有の転職スタイルなのか良くわかりませんが、営業が得意なんでしょうか、どんな分野についても。

いずれにせよ、少々多忙なため、まだ本来の目的である修理・保険関係、動けておらずトホホ状態です。
小島愛一郎 | 2006/03/08 2:38 PM
あざらしサラダ様、ご心配なく。私とその家族は強運に囲まれておりますので。

さてさて、体重の変化に応じて車も変わっていくとは初耳です。過日、お会いした時は少なくともセダンクラスくらいにお見受けしたのですが。

数年前はトラッククラスだったのでしょうか。いやそれとも軽自動車?

ちなみに私は米国滞在時は食事の影響で、ブルドーザークラスでした。
小島愛一郎 | 2006/03/08 2:58 PM
♪こんばんは、札幌は雪です、寒いです。

我が家の車ですが、独身時代は1、5Lクラス2BOXカー、新婚時代はスポーツクーペ、現在はお察しの通り2、0Lクラスセダンです。
家族に「次はワンボックスがいいね」と言ったら、「車に合わせて体が成長するからやめて」と言われました、笑。
あざらしサラダ | 2006/03/08 5:52 PM
おはようございます。かなり返信コメント遅れてしまい申し訳ありません。
(理由は次のエントリにも関係するかもです。)

新婚時代がスポーツクーペとは羨ましい限りですね。私の場合、青森でしたので余儀なく4WDという選択肢しかありませんでした。

ワンボックスは良いと思いますよ。本当に広いですから。で、旅行にも行きやすいので週末は毎日、車でお出かけ=身体が成長。。。

やはり、やめておいたほうが良いかもしれませんね。
小島愛一郎 | 2006/03/09 9:48 AM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/489
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top