ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日は雨ではありますが・・・ | トップに戻る | 本日は整理、整頓の日 >>

MBA米国留学生活第二弾

過去のブログで私がMBAを米国で取得したことは報告した通りです。一年目は、ワシントンDCの「ジョージワシントン大学」、そこの「ビジネススクール」です。

米国首都ということで、様々な公的機関、そしてNYへ飛行機で1時間という便利なところでした。しかし、一年間過ごして、二年目のコア科目に良いものが無かったので、「アメリカ国際経営大学院」という「国際経営では全米一」のビジネススクールへ編入願いを出したところ、無事、合格。

ということで、ワシントンDCという東海岸から、アリゾナ州という西海岸まで、ワゴン車で約10日間かけて、引越し。大体一日600キロ(マイルだったかな?)走って、16時頃に国道を下りて、宿探し。アメリカのハイウェイ、いわゆる日本で言う高速道路は、もちろん無料。各出口の看板にマクドナルドやガソリンスタンド、宿泊地(モーテル)が、掲示されているので非常に便利です。お気に入りのモーテルに泊まるために出口を一つ超えると、数十キロ先にしか出口が無いこともしばしばなので、下手をすると泊まれなくなります。

宿泊地に着いて、地元のレストランで夕食するのが楽しみの一つ。
地元人にとっては、日本人、いやアジア人を見たことの無い米国人が
たくさんいるので、じろじろと見られながらもこちらは楽しく食事。
この経験が、かなり度胸をつけたと思います。


さて、朝食はガソリン入れながら、そこのコンビニで走りながらでも食べられるものを買って、出発。こんな毎日を10日ほど過ごしました。まだまだエピソードはありますので、また後日に。
2004.06.15 Tuesday | MBA時代の思い出 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.09.10 Sunday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/49
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top