ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< しかし、驚きました、スパムコメントの来襲には。 | トップに戻る | テングス病について:サクラの花見シーズンを前に(1) >>

明日は定期健診、喉が渇く

昨日、懇意にしていただいている銀行の担当者の方からわざわざ電話が。

「社長、昨日のFAXでご案内したセミナー参加、どうですか?」
「いや、先週、FAXしてもらえれば参加できたんですよ。」

予約制の定期健診なのですが、今週月曜日にやっと明日、金曜日なら健診に行くことができることが判明したため、月曜当日に病院へ予約。そして運悪く、翌日の火曜日に銀行からセミナーの案内FAXが来たのですが、ちょうど健診当日に開催ということで、上述のやりとりとなりました。先週FAXが来ていれば、健診の予約日をずらしたはずですが、少々、銀行の方には不義理をしてしまいました。

もう何度も定期健診は受けています。一番最初は、徹底的に調べようということで半日ドックのような感じで、ドック終了後、なぜか近くのホテルで昼食付きというものを受診したのですが、特に問題が無かったということや、そこまでしなくても良いのではということで、その後は、シンプルな内容の健診を受けています。

こんな生活習慣で自分の身体は大丈夫かという毎日を過ごしているのですが、健診結果はお陰様ですべて平均値となっています。そして念のため、健診結果をかかりつけの医者に見せて、再度、健康状態のチェックという感じです。

健康には立場上、そして家族のためにも自分のためにもかなり気を配っていることは事実です。

バリウムを飲むことや採血など苦にもならず、健診自体には何の苦労もありません。しかしいつもながら苦労することが一つだけあります。いわゆる「前日午後10時以降は何を食べても、飲んでも駄目」ということが私にとってはかなりの苦しみとなるわけです。
(だから気を紛らわすためにエントリしているとも言えます。)
-----
手元に「受診に関して」という説明書があるわけですが、生真面目な私は従ってしまうのです。

1)夕食は油気の少ない食事で早めにすませましょう。

はい、私にとっては通常、まだまだ仕事中の時間帯である20時30分頃に自宅で「あっさりとした夕食」をすませました。

2)アルコール類はお控え下さい。

はい、お控え下さいということは少々は飲んでも良いとも読み取れるわけですが、今晩は一切、口にしません。

3)当日は、飴・ガム・タバコもご遠慮下さい。

はい、おっしゃるとおりに致します。

-----

さて、通常の私は、22時頃に帰宅・夕食で、その後も少しは仕事を自宅でしながら、夜中の1時頃に寝て、朝、起きた際はすぐにコーヒーを飲み目を覚ませます。しかし、健診では22時以降、水分摂取無しとなるわけで、毎回のことですが、喉が渇いて仕方がありません。

私の知っている方は、お互い酒をかわしながら、「明日は、再健診なんですよね。」とか言いながら夜中まで私と居酒屋で過ごす方も、何名かはおられますが、生真面目な私には「受診に関して」という説明書の命令通りに従ってしまうわけです。

素人の私ですが、いわゆるバリウムを飲む「胃透視」のためだけに胃の中を空っぽにするために水分だけでなく、飴やガムもやめなければならないと理解しているのですが、夜中まで居酒屋で過ごす私の知り合いは「胃透視」の結果はどうなるのでしょうか。

このエントリはPC上でTVを見ながら書いているのですが、ちょうど今、おいしそうなビールのCMが流れ、一層、私の喉が渇いてきました。現在、23時頃で、いつも寝る時間まであと2時間はあります。

恐らく、このエントリをご覧になっている社会人の皆様は、同様の体験をされていると思うのですが、どのように対処されているのでしょうか? 少なくとも私は非常に毎回、喉が渇くことに苦労しています。それとも夜12時頃くらいまでは気にせずに飲んだり食べたりされているのでしょうか?

明日9時過ぎに健診開始。終了は昼前。それまで一滴の水分も飲めないとは。。。

ということで、本当に気を紛らわすために、週末に借りてまだすべて見終わっていないDVDでも見て、寝るとします。

マーシャル・ロー
マーシャル・ロー

(NYで発生した連続テロ事件発生を機にアメリカ初の戒厳令が施行されるというポリティカルサスペンスです。)

このDVDを見ると、さらに喉が渇きそうですが。これから見ることにします。

あぁ、喉が渇いたなぁ! 一口くらいの水を飲んでは駄目でしょうか。

また、私のブログスタイルから乖離したエントリとなってしまいました。ただ、こんな毎日を過ごしていることは事実です。「ベンチャー企業社長の苦闘」です。
2006.03.16 Thursday | 私の会社:サン・アクト株式会社 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.04.27 Thursday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/498
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top