ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 緊急:悲劇は突如として起こった、助けて下さい | トップに戻る | 恒例となってしまった、検索ワード発表 >>

HDDクラッシュの次は、新会社法

一つ前のエントリで書きましたように、HDD復旧に時間を要し、さらに新しいノートPCの環境に慣れること、数日間。もちろん、これらの業務の方が優先されるため、やっと今、久しぶりにエントリする余裕が生まれました。

さて、数ヶ月前、お世話になっている銀行より2冊の下記の書籍を送付いただきました。

新会社法施行にむけての実務対応
新会社法施行にむけての実務対応
(こちらは書籍の画像がありません。)

新会社法の定款モデル―定款作成・変更の記載実務
新会社法の定款モデル―定款作成・変更の記載実務
三菱UFJ信託銀行証券代行部

2冊目の書籍は、「Amazon.co.jp ランキング 本で833位」とやはり世間、いや新会社法実務担当者の関心の高さを物語っています。
------
今月中旬に当社担当者の銀行の方がわざわざ来社され、一連の説明を頂戴しました。担当者の方いわく「本当に大変です」とのこと。

我が社は小さな会社であり、もちろん非公開会社ですが、ある理由からそれなりに法に従って取締役会や株主総会等を実施しています(基本的にはどの会社も法に従ってやるべきことはやらなければならないことをお間違えなくご理解ください)。そして、今回、総会開催前にすべきことということで一連の説明に来られたわけです。

基本的に世間の多くの中小企業(法でいうところの大会社以外)は、あまり新会社法についても神経を尖らせる必要はないのかもしれません。何をすべきかご存知ない経営者の方々も多いと思います。法務局が職権で登記事項を追加・変更されることやみなし規定が大きな理由でしょうか。

さて、例年は、現行の法に基づき、過去の議事録等を参考に書類等を準備すれば良かったのですが、今年は、そうはいかない感じです。そこで、いつもお世話になっている「司法書士」の先生に相談することに。かなり優秀な先生です。
-------

「先生、会社法関連、総会準備、打ち合わせしたいのですが?」と私。
「5月末まで待っていただけませんか。施行後もある程度、確定した情報を得るために1ヶ月は欲しいのですが。また御社の場合、登記すべき事項は一つだけ6ヶ月以内ですから」と先生。

「召集通知が5月末なんで、とりあえず早く相談したいのですが。」と粘る私。
「う〜ん、わかりました。では連休明け2日後にお会いしましょう。」と先生。

ということで、HDD復旧後、そしてノートPCの新しい環境に慣れ、やるべきことが溜まっているわけですが、今度のゴールデンウィーク期間中は、上記の書籍を読んである程度、理解し、その他、銀行から送付されてきた資料を読みこなすことが大きな仕事として発生してしまいました。

本来は、このような事態になることは予想されていたことなのですが、新会社法を理解したとしても、どこにポイントを置くかが自分自身、まだ定まっていないだけに、何とも言えない心境です。

以上、「新会社法」そのものにご興味のない方には、まったくこのエントリは意味不明(私も僅かなら含まれるかもしれない)ですが、久しぶりのエントリとしてご容赦ください。

ちなみに、色々と私も「新会社法」に関する書籍を読みましたが、銀行から送付されてきた書籍が最も充実しているとは思っています。
2006.04.28 Friday | 私の会社:サン・アクト株式会社 | comments(4) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2017.04.27 Thursday | - | - | -

皆様のコメント

おはようございます、小島さん、ヤースです。
新会社法、本日からですね。
あちこちで物議を醸すかも知れませんが、自由度が増えたようで歓迎の声が多いですね。

ブログのデザイン・・・なんだか交換したような感じですね。(笑)
ヤース | 2006/05/01 9:30 AM
おはようございます、ヤース様。
新会社法、始まりました。
ご指摘の通り、自由度は増えましたが、今後、いろいろと何かあるとは思います。専門家も理解していない点が多々あるようです。
いずれにせよ、総会が多い、6月以降の施行になぜしなかったのかなと考えております。

ブログデザイン凄いですね。負けてしまった。。。
小島愛一郎 | 2006/05/01 9:53 AM
HDDクラッシュで心配していましたが、結局は新しいPCですね。こちらもそろそろ新しいPCが欲しくなってきているところです。
ヤースさんも小島さんも、みなさん爽やかなデザインでいいですね。
大西宏 | 2006/05/01 1:45 PM
大西様、HDDクラッシュ、ご心配ありがとうございます。

どうぞ新しいPCをご購入ください。
さて、私は夜中の暇な時にサイトやCSSなどを色々と試すのが趣味でして、サイトが爽やかかどうかはわかりませんが、私自身、私そのものは非常に真面目、かつ爽やかな男です。(ちなみにヤース様のサイトは非常に爽やかですが、ヤース様自身は私には何と表現すれば良いのやら。。。)
小島愛一郎 | 2006/05/01 4:24 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/521
皆様からのトラックバック
「週刊!木村剛」の「[フィナンシャル ジャパン] 「1円起業」をめぐる3つの誤解」で、今回の新会社法の元で株式会社を設立する際の説明がされています。 最近「1円起業」という言葉が雑誌やネットなどあちこ
1円で起業なんてできない | ヤースのへんしん | 2006/05/01 9:28 AM

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top