ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< 最近のブログに関して | トップに戻る | 「ザッツ営業」を読んで、さぁ営業へ行こう! >>

ブログを長続きさせるやり方の一つとして

 私がこのサイトを開設した約2年半前と比較し、既にブログを閉鎖、あるいは放置しているブロガーが約4割、半数近いような感じがしています。残念なことです。

 私は、このサイト以外にまったくの匿名で別にブログを持っています。そこに記載している事項は「いつ起きたか、何を食べたか、誰と会ったか、何を考えたのか」という完全な一日の記録です。また、書籍を読んだ場合、これは名文だと思った箇所を転記する、DVDを見た時には、何を見たのか、どんな感じだったのかなど、要するに日々のメモを記録として残しているわけです。あまりにもプライベートなことは書きませんが、いずれにしても「ひっそりと」、私と特定できないようなサイトにしています。

 少し話を変えます。

 米国留学時代、私は机の片隅に一冊のノートを常に置いておき、何時から何時までは何の科目を勉強したか、食事は何分かかったのかなど生活の記録をすべて書き留めていました。そして一週間単位で記録を見直し、翌週の勉強のスケジュール構築や、もう少し合理的な勉強の方法は無いかと考えながら、常に記録としてノートに書き込んでいました。留学時代は、食事・買い物・睡眠以外はすべて「勉強」に時間を割かざるを得ない状況でしたので、できる限り、合理的な時間配分をメモとして確認していたわけです。当時はエクセルもメールもそしてweblogなどもちろんなかった時代で、アナログに頼らざるを得なかったとも言えます。

 今も、小さなメモを常に携帯し、何をしたかについての時間を記録しています。そして、時間が空いた時にちょっとした感想も加えて、別ブログに転記します。このように自分の日々を毎日、書き連ねることで、簡単に、そして「毎日」の更新が容易にできます。

 もちろん、いわゆるアナログの手帳も私は使っていますが、weblogの良さは、毎日、自分の行動を書き続けることにより、当たり前かもしれませんが記録として残っていくということ、書き続けることが生活の一部になるということ、そして最大の魅力は、一年前の同じ日に自分は何を考え、何をしていたのか、などを簡単に見直すことができるという点です。自分の一年間の成長、家族の変化や出来事などをデジタル化することは様々な利点があると思います。もちろんデジタルの記録を失うという危険性やアナログの手帳の味わいといった側面はありますが。

 私の日々の行動を書き連ねた別ブログをご紹介はしません。探しても見つかるはずもなく、コメントやトラックバックの開放・閉鎖もあまり気を使っておらず、アクセス数も気にしません。

 この本家サイトはエントリ内容も30分程度ですがそれなりに時間をかけて、読み手の方を意識しながら書いています。しかし、「読み手を意識してしまう瞬間」に更新が途絶える可能性が多々あると私は考えています。

 自分のためだけのサイト、自分一人が読者であっても良いサイトをつくることをまずweblogの一つのあり方として考えられればどうでしょうか。「日々、何を自分は何をしたか」を書き続けることは誰でも数分あればできるはず。次に「この日、起きた出来事について自分はこんな印象を持った」という内容も付加させていきます。そして、「自分はこうありたい」、「ここが何とも変だと思う」といった「自己主張」をエントリしていけば、もうほぼ完全な一人のブロガーの誕生です。ランキングサイトに登録したり様々なパーツをつけるのことは、半年程度、更新できた段階で十分だと私は過去の経験から考えています。

 一度、挫折されたブロガー各位に復帰していただきたいという願いから、今回、エントリした次第です。毎日、日記をデジタルで書くことはそんなに苦にはならないはずと私は思っています。是非とも、簡単な気持ちで復帰の程をお願いいたします。もちろん、これからweblogを始めようとお考えの方の参考になればとも思っています。

参考書籍:まさに手帳的なブログの使い方の紹介です。

「手帳ブログ」のススメ
翔泳社
大橋 悦夫(著)
発売日:2006-04-20
おすすめ度:5.0


秀逸な起業家ブログリンク集へ

2006.07.19 Wednesday | ブログについて | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/553
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top