ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 明日でもできることこそ前日には終えておく | トップに戻る | Amazonアソシエイト試行錯誤中 >>

読破予定、この休み中の書籍一覧

 今となっては遠方に帰省する必要もなく、生まれ育った京都・山科で「お盆」をいつも同様に過ごしています。基本的に、毎年、同じ行事をやり、同じ気持ちでお盆を過ごしています。
 ただ、やはり年を重ねるとお盆に関係なく、日本の文化に根ざした行事を僅かばかり年老いた我が両親から、長男である私や妻が引き継ぐ時は近いかなと感じています。

 では簡単に「お盆休み中」に読もうとしている書籍のご紹介を。まずは、「bpspecial ITマネジメント:読書特集」で紹介されていた2冊から。

 経済・ビジネス関連で読む予定、既に手に入れている書籍が、「見える化」。

見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み
見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み
遠藤 功

bpspecial ITマネジメント:読書特集」によると
 見たくなくても目に飛び込んできてしまうすなわち漫然と「見える」のではなく「見せる」ようにする工夫が必要だと述べている。
 第3章の「『よい見える化』を実現するために」では、効果的な「見える化」のための10のポイントを列挙している。なかでも「『見せたくないもの』『見せられないもの』ほど『見える化』する」という指摘は的を射ている。
 昨今、注目を集めている内部統制の強化というテーマでも不具合やクレームのような他部門や経営者にあまり見られたくない情報をオープンすることが、業務活動の透明性を高めることが重要とされている。
 本書で示された「見える化」のアイデアには、かつての強い日本を作り上げた製造業の改善や現場の知恵から生み出されたものが多く含まれている。そして、 これらのアイデアは、製造業のみならずあらゆる業種で参考になるものであり、強い日本を取り戻すヒントがそこにあるのではないだろうか。

 いろいろと書評は書かれていますが、書評やちまたの評判と関係なしに、この書籍は読破する予定です。

 さて、この休み中に他に読む予定の本を列挙しましょう。再読となるものもあります。

幻の女
幻の女
香納 諒一

推薦者いわく、
 いや、あまりメジャーになっていないという表現は、作者に少々失礼かもしれない。というのも、この小説、1999年の日本推理作家協会賞を受賞した名作なのだから。しかも、その年の受賞を争ったのが、東野圭吾の『秘密』だというので、まだ知らない方は期待してもらっても大丈夫だと思う。それが、香納諒一氏の『幻の女』である。
 主人公の栖本誠次は、30歳代半ばを過ぎようとしている弁護士。かつては一流の弁護士事務所に勤務するエリートだったが、ある事件がきっかけで挫折を経験し、同時に離婚も経験して、今では個人の弁護士事務所をほそぼそと開業している。
 その彼が、裁判所からの帰り道で偶然、5年前に別れた女性、小林瞭子とすれ違う。別れたというのは正確ではないかもしれない。彼女は5年前、突然、彼の目の前から理由も告げずに消えたからだ。そしてその翌日、彼女は死体で発見される。しかも、殺される直前、彼の事務所の電話には、彼女から「弁護 を引き受けてもらいたいことがあるの」という留守電が残されていた。
 彼女にいったい何が起きたのか? かつての恋人の死の背景を探り始めた栖本は、やがて彼が知っていた女性は実在した小林瞭子とは別人であることに気づく。
 では、いったい彼女は誰だったのか。彼女は死ぬ前に、何を栖本に依頼しようとしたのか──それらの謎を軸に物語は展開する。
 目の前から突然消えた女性が、実は実在しない女性だったという設定は、宮部みゆきの『火車』と似ていると感じられる方もいるだろう。この2作品とも、僕は名作だと思う。
 ただ、『火車』が別人にならざるをえなかった女性の、尋常ならざる悲しい運命を軸に置いているのに対して、本書『幻の女』では、消えてしまった女性を追い求める、オヤジといってもいい年齢の男のやりどころのない気持ちに焦点を当てている作品だといえる。
 主人公の栖本には、父親との間にかつて起きた出来事、大きな挫折を味わった裁判、そして自分の前から消えた小林瞭子──この3つの出来事が心にキ ズとして引っ掛かったまま生きている。だからこそ、それらの出来事にケリをつけなければならない。その主人公の葛藤に、いつしか強い共感を覚えるように る。
 700ページにもわたる長編の最後の10ページ、もうこの小説もすべて終わったのかな?と思ったところで欠けていた最後の1ピースが突如現れる。そして、その最後のピースを目にするときに、人は幻の女と主人公の互いの気持ちを想って涙するかもしれない。

 ちなみに東野圭吾氏の「秘密」は私は過去にも名作・逸品の一つと書いています。お盆中に泣ける逸品が必要な方は「秘密」を是非、読んで下さい。

秘密
秘密
東野 圭吾

 さて、書評やちまたの評判と関係なしに、この休み中に詠む予定の本を列挙しましょう。再読となるものももちろんあります。再読こそ良い刺激を自らに与えるものといっても過言ではありません。

恐怖の存在 (上)
恐怖の存在 (上)
マイクル・クライトン, 酒井 昭伸

恐怖の存在 (下)
恐怖の存在 (下)
マイクル・クライトン, 酒井 昭伸

パンドラ・アイランド
パンドラ・アイランド
大沢 在昌

パーフェクト・プラン
パーフェクト・プラン
柳原 慧

トーキョー・バビロン
トーキョー・バビロン
馳 星周

 以上、いろいろと読む予定です。休み中ということで仕事に関係の無いミステリ関係が、多いですが既に読破したものもあれば、新たな著者ということで楽しみにしているものもあります。
 ちなみに明日、15日で基本的な私の休みは終了で、16日からは仕事となります。ただ16日は金融機関挨拶が主体で、できる限り、今回、ご紹介した書籍を読み終える予定を立て、自分なりの糧としたいと考えています。

 と書きながらも、現在は、下記のDVDを見ながらゆっくりとしています。

アンブレイカブル
アンブレイカブル

 読書と映画鑑賞がやはり私の人生の大きな一部、そして思考や判断力を左右していることに間違いは無いようです。

起業家ブログへ
(少々、ランクダウンです。是非とも、下記バナークリックを)

2006.08.14 Monday | 書籍紹介 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.03.11 Saturday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/572
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top