ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< しなやかな発想、ここにあり | トップに戻る | 一つの水草が背負う様々な運命 >>

プロから評価される、そして長い付き合いどちらも重要

プロから評価されることこそ嬉しいものはない。
 昨日、会社へ電話が。数年前から当社の通販サイトで我々の開発商品である「樹木の味方」を何度も購入いただいている方からでした。このお客様いわく、今年の3月から自ら通販サイトを開店されており、是非とも我々の商品も取り扱いたいとのこと。

 「何年も前から使わせてもらっているけど、やはりいいモノなんで、何とか通販で扱わせてもらえない?」とお客様。
 「了解しました。お客様の地域には代理店はありませんので、流通ルートを考えご連絡いたします」と私。

 このお客様は、造園業を永年、営んでおられ、関連する商品や材料に対する眼は確かな方。だからこそ、数年前より何度もご注文いただいているわけです。そして、自分たちで使うだけではなく、自社の通販サイトで多くの方に利用してもらいたいというお考え。ありがたい話です。まさにプロから評価され、そして大きな輪となって拡大する可能性が構築されたわけです。

 早速、卸価格など各種条件について連絡したところ、すぐにご回答が。

 「それじゃぁ、今週末か来週には発注しますんで」とお客様。
 「いや、こちらこそ今まで以上に、末永いお付き合いの程、よろしくお願いいたします」と私。

 通常なら、価格や条件で数回のやりとりがあるものなのですが、今回は交渉など皆無で、すんなりと我々の条件を何の問題も無く受諾いただきました。やはりこれも、上述したように「自らが使って良いと思うモノを多くの人々にも」という、ビジネスの基本・根幹に触れているものかもしれません。

 私は過日、「最近のウェブ関連サービスについて思うこと(番外編)」にて下記のように書きました。

 
 重要なことは、「商品が持つ魅力」であり、「商品が持つストーリー性」にあると私は考えます。お蔭様で、我々が販売している無農薬リンゴ・リンゴジュースは、「木村秋則氏」という人間性・ドラマを様々なメディアが発信し、そしてその人間性が付加されたリンゴには自ずとストーリー性がもたらされ、多くの方々が魅力を感じられます。

 いくらサイトの見た目が良くても、商品に魅力が無ければ誰も買いません。少し論点がずれますが、ブログのデザインをいくら素晴らしいものにしても、エントリ内容が伴っていなければ再度、アクセスする人はいないということと同じでしょう。


 この点に加え、商品力を確実に評価できる能力を持ったプロも納得いただける「本当の意味での商品力」が合致してこそ、モノというものは自然に拡がっていくことを再認識した一日でした。

長い付き合いも大切です。
 少し、話は変わります。

 さて、まだまだ若輩者ですが、この年齢にもなると学生時代の友人との付き合いも20年近くとなってしまいます。米国留学時代の友人との付き合いも、もう10年以上となります。もちろん学生時代・留学時代いずれにおいても疎遠になってしまった友人、逆に社会人になってから当時よりもさらに付き合いが深くなった友人もいます。

 数週間前、米国時代の私の友人(この方は大学の先生、凄い!)から、学生さんの合宿を9月上旬にするとの連絡がありました。そして、私が学生さんを前に「お話」をして欲しいとの依頼もありました。もちろん「お話」することについて快諾したことはいうまでもありません。「人前で話す」ことはまったく問題のない私ですが、久しぶりに「当社について」語るのではなく、「学生さんにとって有益な話」をすることとなり、何を話すかについては、学生さんたちを目の前にして、話しながら少しずつ内容を変えていくなどする予定です。

 ちなみに、「お話」するにあたって、「この私のサイトを学生さんには事前に読んでもらうこと」を必須課題として、友人の大学の先生にはお願いしておきました。是非とも学生さんのコメントをお待ちしております。
(コメントができるようなエントリはこれからに期待してください。)

 さて、9月頃には私のインタビューが掲載されている「ザッツ営業」も発売されます。今後も当面は真面目なことや経営的視点について書き続ける日々が続きそうです。

 いずれにせよ、多くの皆様がご承知のように、損得勘定無しで「長い付き合い」を重ねることは、人生にとっても、経営にとっても、重要なことに間違いはありません。

起業家ブログへ

2006.08.24 Thursday | 経営的視点 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/581
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top