ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 銀行担当者が必死に自分の会社に対し働いていただく方法 | トップに戻る | フォロワーシップが発揮される時代へ >>

食べ物を粗末に扱う伝説はいらないと私は思う

 テレビ朝日の「いきなり!黄金伝説。」という番組をご存知の方は多いだろう。私もそして私の家族も好きな番組の一つである。多くの内容が盛り込まれた番組だが、私は「全メニューを食べ尽くす」という企画だけは好きになれない。いや、嫌悪感を覚えるといっても良いだろう。

極上の肉が完食という言葉で咀嚼されるだけ
 週末に再放送していた「黄金伝説」を見た。超人気焼肉店の全メニューを食べ尽くすという企画である。3名の芸人が挑戦していたが、辛いものが続き、「5品目で無理」な状態になる一人がいた。その後も3人は食べ続ける。一品それぞれ人によって好みはあるかもしれないが、店としては最高の味を提供していると自負しているはず。その「自負・誇り」を3人は無残にも壊し続ける。

 誰でも、どんなに美味しいものでも、食べられる量には限度がある。その限度に近づくとその人間の一面が露呈する。途中で食べ方が下品になり、肩肘を付きながら食べる姿や、あきらかに無理に飲み込んでいるだけの場面が番組後半になると散見される。そして一人の芸人が一言。「もう飽きた、面倒くさい」とつぶやいた。

 もし私が焼肉店のスタッフであったなら、「金は要らないから、もう帰ってくれ」と言うだろう。そして私もこの言葉を聞いてチャンネルを変えた。

「続きを読む前に、起業家ブログ:下記バナーを是非ともクリック下さい。

命を懸けてマグロを獲る人に対して
 何ヶ月か前にマグロを食べ尽くすという企画の番組も私は見た。2名の芸人がマグロ一匹を食べ尽くすという「伝説」を残すというもの。誰しもマグロ料理が続けば、「飽きてしまう」だろう。しかし、延々と「飽きながら、伝説をつくるために食べ続ける2名」を番組は流し続ける。

 「命を懸けてマグロを獲る人、マグロを獲ることに誇りを持っている人が存在している」という現実と、「伝説・完食という非現実的なことを番組として流す」という現実。どちらの現実に重みがあるかは言うまでもない。

 そして、焼肉店でもマグロでもなぜ芸人が食べるのか。芸人というものは、「自らの芸」で世間と対峙していくことが本筋ではないのだろうか。

もうこんな伝説は必要ない
 「飽きながらも食べ続ける」という雰囲気で食べ尽くすことは、「食を提供している側」にとっては迷惑だけであり他に何も残らない。しかし、この番組には「食べ物を粗末にしている」という僅かながらのためらいもまったく感じられない。

 数年前、「大食い選手権」などといった内容の番組があり、やはり「食べ物を粗末にしている」という風評から、同様の番組はその後、企画されにくくなったと私は記憶している。

 私は、「食べ尽くすという伝説」も「大食い選手権」と同様に、食べ物を粗末にしていると思う。「食べ物を粗末にする」ということは何も「食べ残しや食べ散らし」といったものだけではない。それよりも「食べ物に感謝する」ことが「食べ物を粗末にしない」ことであり、基本であると私は考える。

 飽きながらも食べ続けることによって途中から変化していく食べ方や何気ない会話。これは、食べ物を粗末にしている以上に、「食べ物」を単なる「モノ」として扱っている人間がやることと同じだと私は考える。

 今、「食育」なる言葉がある。しかし、教育的な観点で議論する余地が無いほど、この「伝説」は意味がない。食を提供している人々の気持ちをすっかり忘れ、「食」を「モノ」としてしか扱わない「伝説」。そんな伝説は誰にとっても必要ではない。

私も参加している起業家ブログをクリック下さい

2007.01.22 Monday | 現代の教育について | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.03.11 Saturday | - | - | -

皆様のコメント

♪こんにちは、ご無沙汰しています。
おっしゃるとおり、食べ物を粗末にする「文化」なんて必要ないと思います。
ケータイ代金は払えるのに給食費を払わない親や、子供に「いただきますを言う必要がない」と教育する親たちが増えているそうです。
いずれも、食べることに対する感謝が失われている証だと思いますが、こうしたくだらない番組がそのような大人たちを増やしているのでしょうね。
頭が痛くなります、笑。
あざらしサラダ | 2007/01/28 8:11 AM
いやぁ、ご無沙汰しております、あざらしサラダ様。

給食費問題は本当に残念ですね。払うことができる人が払わないなんて、私にはまったく理解できません。

おっしゃる通り、そして私のエントリで書いたように、食という人間にとって不可欠な行動を「お笑い番組」にする時点で、おかしいと思います。世界には今日一日をどう生き続けるかで苦労している人の方が多いという現実を忘れている、あるいはまったく意識にも無いということかもしれませんね。

日々の食を求め、苦労されている人が番組を見たらどう思うか、真剣に考えるべきなのかもしれませんが、今の日本のメディアでは無理でしょうね。残念ながら・・・
小島愛一郎 | 2007/01/28 3:22 PM
人間は、食べなければ生きていけない。食べ物を粗末にすることは、自分の命を粗末にしていることと同じ、と自分は常日頃からそう思っている。
食料廃棄をしている所を目の当たりにすると、本当に心が痛くなる・・・。戦争を経験した年寄りまで食べ物を粗末にするという始末(家の祖母のことだが)。
まあ、そのしっぺ返しが今の大不況なんだと思うし、このままもっと景気が悪くなればいい、そうも思ったりもする。
びわわわわわ | 2010/06/28 11:16 AM
びわわわわわ様、私が小学生時代、何かの拍子で、怒って茶碗をひっくり返したことがあります。

その際、常に温厚な祖母が激怒しました。食べ物は絶対に粗末にするなと。

最近、似たようなTV番組が増えています。視聴率が取れるからだと思います。それほど、日本人の民度が低下している証左です。
小島愛一郎 | 2010/06/29 11:02 AM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/640
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top