ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.08.01 Wednesday | - | - | -
<< JR福知山線事故から2年 | トップに戻る | 次男坊が半年近くメガネの片側のレンズを失くしていた件 >>

テングス病が本格化、4月検索ワード発表、そしてブログ3周年

 恒例の検索ワード発表です。久しぶりにブログ再開するにはふさわしいエントリかどうか皆様にご判断を任せるとして、いつもの如く月に1回の検索ワードトップ10を発表します。

 まもなく、インターンの季節であり、私のこのサイトも学生の皆様にかなり見られているとは思い、少々、更新頻度を上げ、真面目なことを書かねばとは思っています。しばし、お時間とご理解を賜りたいと思っております。新規事業立ち上げなど、すぐに経営判断・意思決定すべき事項が山のように眼前に存在している状況です。

 ちなみに先月4月末をもって、ブログ3周年となりました。エントリ約700件、コメント約2300件、トラックバック約1500件といった状況です。これもひとえに皆様のご来訪、暖かいコメントや、多数のトラックバックがここまで、継続できた原動力と考えております。改めて御礼申し上げます。

 では、トップ10の発表です。
1位:ベンチャー企業
2位:テングス病
3位:木村秋則氏関連
4位:てんぐす病
5位:フォロワーシップ
6位:男前豆腐 書類送検
7位:テング巣病
8位:己に克つ
9位:蜂の生態
10位:樹木診断
 2位の「テングス病」、4位の「てんぐす病」、7位の「テング巣病」とサクラ病害の代表的な「テングス病」が3件ランクインしています。私なりに過去にこの病害について真面目に書いており、ある程度は皆様の参考になったかと思っています。そして、いかに世間の方々が、「テングス病」にお困りかについても反映されていると考えています。

 関連カテゴリ「テングス病

 また、10位の「樹木診断」も我々が本業とするものであり、この検索語句がなぜ今になってランクインしたか不明ですが、こちらも来訪いただいた方々には少しは参考になったかと思っています。(発注はまだありませんが・・・)

 関連カテゴリ「最新非破壊樹木診断

 8位に過去にまったくランクインしていなかった「己に克つ」。これは私の過去のエントリである「己に克つ」が該当します。今、読み返してもあまり良いエントリとは思えませんが、「己に克つ=克己心」という言葉は私の人生の生き方の指針となる言葉の一つです。下記に私の祖父が74歳の元旦に書かれた言葉をご紹介しておきます。
「自己の運命は、自己が開拓する。自己を滅ぼす者は自己である」

 その他、6位の「男前豆腐関連」は毎月のようにランクインしています。なぜか不明ですが、連休中に子供たちが「ガチャポン(関西では、あるいは我が家では、こう表現します)」(=カプセル自動販売機にコインを入れてレバーを回すと何が出るかはわからずともオモチャが出てくるもの)で好きなモノを選んでいる様子を見ていたのですが、そのなかに「男猪口前(おちょこまえ)」シリーズというものがありました。これも男前豆腐関連の企業がプロデュースしているのではと思って見ていましたが、「さすがだな」と感心もし、何か我々の事業のアイデアにも繋がらないかなと考えていました。

 さて、検索ワード発表はこの程度として、「あざらしサラダ」様が試されている「都市メーカー」で「小島愛一郎市」を披露して終わりとします。
(小島愛一郎高校も作成できるようですが、やめておきます)

人口
総人口:106,676人
世帯数:34,136
男性:55,973人
女性:50,703人 

各種データ
面積114平方km / 人口密度935人/平方km
市民の平均所得410万円 / 昨年出生数1,619人 死亡数598人
平均寿命77.7歳 / 失業率3.5% / 名産品小島愛一郎カステラ
市の花ムラサキサギゴケ 市の鳥サギ
1日の救急車出動数98回 / 下水道普及率72.4%
発生事件ベスト3騒音 不倫行為 決闘

住民の声
市民会館25個は多すぎじゃ・・・(38歳 作詞家)
怖いくらい会費が高い(48歳 内職)
冬の小島愛一郎フェスティバルは恐ろしい(55歳 臨床検査技師)

(小島愛一郎音頭もありますが割愛いたします。名産品が小島愛一郎カステラとは、どのような味なのか想像もつきません)

 以上、次のエントリはいつになるか不明ですが、次回は真面目なエントリとなります。

私も参加している起業家ブログをクリック下さい

2007.05.07 Monday | ちょっと休憩 | comments(6) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2018.08.01 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

♪お久しぶりです、こんばんは。
すみません、こちらのエントリーを読む前に勝手に「小島愛一郎高校」をトライしてしまいました。結果は、私のブログのコメントにヒントだけ・・・。

ちょっとまじめな話に戻して、社長さんを前にして大変失礼な例えで誠に申し訳ありませんが、彰の介さんの本業はドクターですが、小島さんの本業も「樹木のドクター」、私の本業もある種の「機械のドクター」なので、何かと共感する部分が多いのかな、なんて勝手に考えています。
本当にいつも厚かましくてすみません、笑。
あざらしサラダ | 2007/05/07 11:05 PM
ブログ3周年おめでとうございます。
ドクター、素敵な響きです。私は自分のことで精一杯で他の人のことまでなかなか気が回りません。病んだ人、モノを直し癒せるドクターは素敵な仕事ですね。
今後ともよろしくお願いします。
猫手企画 | 2007/05/08 3:46 AM
おはようございます。
3周年おめでとうございます。ところで、冬の小島愛一郎フェスティバルは恐ろしいそうですが、是非参加したいものです(笑)。dより
dawn | 2007/05/08 6:39 AM
皆様、コメントありがとうございます。

>あざらしサラダ様
私の高校、なかなか大変なようですね。稀に見る構成ということで。

さて、「樹木のドクター」ですが、実際に子供たちを前に「ドクターはっぱ」と名乗り、仕事をしております。下記サイトです。
http://www.sun-act.com/npo/eventryougaoka21.html

いずれにせよ、患者さんがドクターには必ず存在するわけで、極めて結果責任は重いと考えています。だからやりがいもあるわけです。円満に退院(私の場合、元気に回復した樹木)を見届けることが役目で、当然の結果として残さねばならないこととなり、シビアな世界に違いはありませんが。

>猫手企画様
ご無沙汰しております、こちらのサイトでは。

上述したようにドクターはやりがいがありますが、「先生」と呼ばれたことはありません。「先生」と呼ばれるようになれば、そしてそれに違和感を覚えない人間になってしまうことだけは避けたいなと考えています。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。(早く京都に来てくださいね)

>d様
3年も経過してしまいました。お互い、継続していきたいと考えております。

ちなみに、冬の小島愛一郎フェスティバルは私の市ではなく、毎年、市民が選んだ都市に市民全員を連れて楽しく実施するものです。基本的に市長である私でなく市民に決定権があるため、毎年、どこになるか不安で、55歳 臨床検査技師さんは「恐ろしい」と言われていると秘書より聞いております。

是非とも、ご参加お待ちしております。事前にご予約くださいませ。
小島愛一郎 | 2007/05/08 1:03 PM
ブログ3周年おめでとうございます。
小島社長の文章は毎回本当に勉強になります。
これからもますますのご活躍を期待しております。
堀内@京都真創 | 2007/05/09 11:33 AM
堀内様、激励コメントありがとうございます。
私よりも参考になる文章を書かれているサイトは多数あります。
(あまり参考されては困ってしまいます・・)

いずれにしましても、時間の許す限り、更新を続けていきたいと考えております。

ということで、あと10分後には来客ですので、少々、短めの御礼コメントですがご容赦下さいませ。

いろいろと今後ともよろしくご指導下さい。
小島愛一郎 | 2007/05/09 12:49 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/655
皆様からのトラックバック
「レオナルド・ダ・ヴィンチ−天才の実像」が特別展示されているようだ。「受胎告知」
4月検索キーワード | dawn | 2007/05/08 6:39 AM

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top