ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まだ数日前の出来事に逡巡している私 | トップに戻る | ある眼鏡屋での店員さんの涙 >>

「無理難題」と思うのなら保護者へも手引きを渡せばと私は思う



 まず、前提として、下記に紹介する記事について、私自身も保護者の態度には、あきれはてていることを明言しておく。

 「asahi.com:「運動会の旅費返せ」無理難題252件公表 大阪市教委 - 社会

 以下、「大阪市教育委員会」に正式なリリースが無かったため、この記事より一部引用する。
 教育活動に支障を来すほどひどい保護者からの苦情や注文の実態を把握するため、大阪市教委が全市立小、中学校を対象に実施したアンケート結果の一部が公表された。「運動会が雨天中止。遠方から来た祖父母の旅費を返せ」など「無理難題」の具体例は252件にのぼった。市教委は集まった実例を材料に教職員向けの手引を作成中で、今年度末の完成を目指す。

(一部割愛)

 中学受験を理由に「子どもの生活リズムに合わせた登下校をさせろ」と求められた▽不登校になった児童の保護者から「教科書は不要になったので、買い取ってほしい」と要求された▽校内で転倒した生徒の保護者から「二度とけがをさせないと念書を書け」と迫られた▽「校則を守るかどうかは生徒の自由。注意するな」と注文された――などの実例が続々。

 手引では、自分の子どもが運動会の組体操でピラミッドの頂点に立つ役になれなかったため、保護者からクレームがあった例を取り上げ、「今まで学校に協力してきたが、これからは考えさせてもらう」という保護者の発言を紹介。「保護者の苦情は自己中心的で受け入れられない」と判断し、集団行動を乱すような言動に断固とした態度をとるなどの対応策を伝授する。

 「運動会が雨天中止となったから遠方から来た祖父母の旅費を返せ」という発想が私には到底理解できない。いや、多くの方がそうであろう。文面から推測するに、「祖父母が学校に旅費を返せ」と言っていないことだけは確かなようであり逆に救われる思いがすることに残念な感もある。

 過日、私は子供たちの小学校の運動会に参加した。隣で観戦していたご家族が、あるやりとりをされていた。遠方からお孫さんを見に来られたおばあちゃんに、子供の母親がタクシー代ということで、お金を手渡されていたのだ。もちろん、おばあちゃんは、最初は断られていたが、とりあえず半額をもらうということで落ち着いたようだった。
 もし、このご家族が運動会が雨天中止となったとして、学校側にタクシー代を請求するだろうか。年に数度しか見ることができない孫の姿を見るために学校へ足を運ぶのである。そこに「孫の姿を見るためのお金がもったいない」という観念は、ほぼ皆無だろう。雨天中止だったとしても、「残念だな、また来年を楽しみにするか」とあきらめるのが祖父母の普通の気持ちだろう。

 「学校に旅費を返せ」と言った保護者の態度は、祖父母の気持ちすら感じ取れていないとも言える。祖父母にとってみれば、「そんなことを学校に言うのか」といった気持で逆に残念に思うに違いない。
 他人の、それも親族の気持ちさえ感じることができない保護者は、自らの子供の気持ちも敏感に察することなどできるはずもない。そのような保護者であれば、「旅費を返せ」という「無理難題」だけではなく「非常識」な様々な態度を学校側に当然の如く権利として主張することも想像に難くない。

 「二度とけがをさせないと念書をかけ」・「組み体操のピラミッドの頂点に立たせなかったとは何事か」といった学校側にとっては「クレーム」、そして残念ながら保護者にしてみれば、「自分にとっては当然なる正当な保護者の権利」といったことについては、もう議論する気持ちすら生じない。

 「世間ずれ」とは正にこのことを言うのではないだろうか。

 私には、大学の事務方に勤務している友人がいるが、大学でも同様の事象は発生しているという。「世間ずれ」と「親離れ・子離れ」できない人々は、残念ながら、昨今、異常に増えていることだけは、他の報道や実際の友人の話からも事実であろう。

 今回、なぜ、このようなことが起きているのかについては議論しない。

 なぜなら、教育委員会の対応に疑問があるからである。「市教委は集まった実例を材料に教職員向けの手引を作成中で、今年度末の完成を目指す。」という点であり、かつ「対応策を伝授する」のみという点だ。

 企業の立場で考えてみれば、お客様のクレーム対応集を企業内で作成し、社員に徹底させる、ということは理解できる。私も最大で1日5万人ほどのアクセスがあった「通販サイト」を運営しており、様々な問い合わせを多数、頂戴している。問い合わせ内容は多種多様であり、クレームではないが、問い合わせ対応マニュアルの必要性は、もちろん否定しない。

 しかし、今回の教育現場の件は、いくら教職員向けに手引きを作成し対応策を伝授したところで解決するものではないだろう。記事のタイトルではあるが「無理難題」と教育委員会も認識しているのであれば、あるレベルで「常軌を逸している保護者」が存在していることを暗に認めていることと同様である。
 完全な解決策ではないかもしれない。ただ、「教職員向けの手引きを保護者にも公表する」、あるいは「保護者向けの手引きを作成する」など、もっと踏み込んだ対策を実施しなければ何も変わらないだろう。少なくとも、教職員向けの手引きだけを作ったところで、保護者からの「クレーム」が減るとは私には到底、思えない。

 まずは、何よりも「教職員向けに手引きを作る必要性に迫られた」という時代になってしまった背景を明確にし、その理由を教師ではなく教育委員会各位が、保護者に直接、対峙し、説明することが先決ではないかと私は考える。教師の現状の対応では限界であるから手引きを作り伝授すると教育委員会各位が言っているのである。今こそ教育委員会自らが言うだけでなく、行動で示す時ではないだろうか。
 理想論と思われる人、既に遅きに失している、既に対策は講じられているという方もおられるかもしれない。しかし私は、教育現場の方も含め、地道な「対話」という努力を積み重ねていくことだけが唯一の解決策だと考える。
 もちろん、まずは親が変わらなければならないことは確かだが、変えようにも容易には変わらない一部の親が既に存在しているのである。

 「教育委員会にそこまでの職責は無い」などと言っていられる時代ではない。そして教育委員会各位もそうは思っておられないと心より願いたい。

【関連エントリー】
- 競争社会を生き抜くために(2)
- 「ゆとり」を取り戻すために
- 現代の教育について
generated by 関連エントリーリストジェネレータ


※「ベンチャー社長ブログトップ10位へ
※「特選された多様な起業家ブログ集へ



※「新進気鋭アーティスト:鉄人Honey、下記画像をクリック」


2007.10.17 Wednesday | 現代の教育について | comments(18) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.04.27 Thursday | - | - | -

皆様のコメント

こんにちは。先日コメントしましたヒデキ西原です。
私も同感です。「今時の子は・・・」という前に「今時の親は・・・」って言いたくなるくらいですよね。

コンピュータが発達するにつれて人としての感情が薄れていってるような気がしますね。
ヒデキ 西原 | 2007/10/19 6:16 PM
 ヒデキ 西原様、少しだけご無沙汰しております。

 「今時の親は・・・」この背景・理由、このようになった経緯自体は、曖昧かもしれませんが必ず存在しています。
 だからこそ、最も必要なことは、背景・理由・経緯、それぞれを誰がどのような形で誰に対して明示していくか、この点が曖昧と考え、今回、エントリしました。

 コンピュータと人としての感情との連関については「ヒデキ 西原様」の得意の分野と考えており、私はあまり口を挟む立場にありません。
 ただ、ネットの発達とネット経由での人々の意見の発露については、人それぞれ思うことがあり大きな違いが生じているでしょう。

 ネットとアナログ(新聞・週刊誌等)での情報伝播の速度にはかなりの差がついていますが、ネット・アナログどちらかを信じる方が多いかと言うことでしょう。
 ネット・アナログいずれか一つを情報源として得ている人もまだまだ多数、存在するはずです。
 アナログが絶対数として負ける日は遠いとは思っていますが。情報伝播の速度は既にデジタルが勝っていますが、それでも大多数は当面、アナログでの情報獲得でしょう。

 いずれにせよ、本件の教育委員会の件についてはネットが大きく影響していないはずで、社会の急激な変化が起因の一つでしょう。
 だからこそ、今回の背景を、教育委員会が、直接、保護者に対峙し説明するというリアルで解決して欲しいと私は願っています。 考えてみれば当たり前のことでしょう。保護者のクレーム対応をメールやウェブサイトで解決できるはずもありません。

 では、またお気軽にご来訪を。
小島愛一郎 | 2007/10/20 12:00 AM
保育園を経営しておりますが、無理難題と思われるクレームを受けることは度々あります。

原因の一つとして、核家族化が挙げられると思います。
親といえども未熟者。
教えたり、軌道修正をするような老人やご近所さんが周りにいなくなってしまったのではないでしょうか。

また、わたしの園ではクレーム防止策として、日頃から保護者とコミュニケーションを密に取るよう努めています。
互いに相手を理解し、思いやる、ということが大切かと思います。
ひな | 2007/10/21 12:48 AM
♪こんにちは。

私も、ひなさんの指摘が的を射ているのかなと思います。
「親」といってもたかだか30年ほど生きてきただけ。
自らを振り返ってみても、人間としてどれだけ成長したか疑問に思います。

年長者の言葉には「経験」に裏付けられた重みというものがあり、いくらIT技術の進歩等で「知識」ばかり詰め込むことはできても、こればかりはかないません。

そうした重みのある言葉を聞く機会が減ってしまったのが、未成熟な親たちが増えている原因ではないかなと。
あざらしサラダ | 2007/10/22 7:15 AM
>ひな様

保育園でも無理難題のクレームがあることは私も子供5人全員が通う、通い終わったので承知しております。

過去にエントリしたのですが、四男坊がふとしたはずみで頭を打ち、保育園の方が急遽、病院へ連れて行っていただき、深夜まで付き添っていただいたことがありました。

こちらが恐縮するほどの対応でしたが、翌日、「本当に申し訳ありませんでした」との言葉を保育士・園長先生から頂戴しました。

きっと無理難題を言う方々は、こんな一件でも慰謝料や医療費を支払えと言われるのでしょうね。

やはり、誰かから教えてもらうことが解決策の一つなのでしょうね。しかし、いつの時点から、こうなってしまったのか。ここらあたりを行政は明確にしないと、いつになっても変わることは無いことだけは確かですね。
小島愛一郎 | 2007/10/22 10:49 AM
>あざらしサラダ様

重みのある言葉を聞く機会が減ったことは同意いたします。まさにその通りです。

換言すれば僅か30年程の人生経験の保護者が相互に意見交換してもあまり意味が無いとも言えますね。

ただ、ひなさんへのコメントにも書きましたように、原因は明確としても、いつなぜそうなったのか、「核家族化」が理由なら、それに対する対応策を打ち出さねばと思うのです。

だから、残念と言うか情けない話ですが、手引きを保護者に手渡すくらいの行動をまずすべきだと私は考えています。

教育現場だけでなく、無理難題を常識と考える親に育てられた「子供」に何らかの悲しい影響が最後には及んでくることだけは避けたいとも考えています。

もう遅きに失しているかもしれませんが。

そういえば、保育園の運動会でビールを飲みながら観戦している保護者もいました。「禁酒・禁煙」というポスターが運動場のあちこちに貼られていた事実自体も悲しい話ですが。
小島愛一郎 | 2007/10/22 10:58 AM
ブログを拝見させていただきました。(^-^)

実は私の会社ではさまざまな社員研修を簡単に検索できるサイト【研修バンク】を運営しております。
研修プログラムを提供してくれる業者の方と、研修をお考えの方(人事担当者様など)とをつなぐサイトです。
もしかしたらお役に立てるかもしれないと思い、コメントさせていただきました。

もし良かったら是非一度遊びに来てください。

ブログ
http://ameblo.jp/kensyu-com/

研修バンク(研修プログラムを楽々検索出来るサイトです)
http://www.kensyubank.jp
kensyu-com | 2007/10/22 12:00 PM
研修バンクの方、何とも言えないコメントありがとうございます。

>もし良かったら是非一度遊びに来てください。

はい、いつの日かわかりませんが。
小島愛一郎 | 2007/10/22 12:06 PM
♪こんばんは。

バス停でバスを待つ間、あまりに暇だったので上の研修バンクの方のブログを見てしまったら、意外と読ませるのでちょっとビックリ、笑。

ですが、初対面の方のブログにコメントするのに、エントリーに対する意見が何もないのは、大人の作法とは思えませんね。
そんな方に研修を紹介されてもねえ、どうせ見ちゃいないか、笑。
あざらしサラダ | 2007/10/22 9:32 PM
あざらしサラダ様、よく分からないのですが、バス停でバスを待つ間に、私のサイトをご覧になっているということでしょうか。

もしかしてバス停でノートパソコンかPDAなどでアクセスされているとすれば、ある意味、嬉しい限りです。お互い永い付き合いですしね。

さて、研修バンクの方、少し検索してみましたが、多方面でコメントされているようですね。

あざらしサラダ様のご指摘を受けてアクセス解析で確認したところ「社長 ブログ」で検索され、エントリーに関係なくコメントを残されたようです。懸命なる営業ということで理解もできるのですが、やはり筋違いですね。会社自体のイメージダウンともいえるでしょう。

昔の私ならば、相手先に怒鳴り込んでいくのですが、何が変わるわけでもなく、かつ多忙でして。

朝・昼・晩の気温の変化が顕著になってきました。風邪にはお気をつけくださいね。

私も22時過ぎなので、そろそろ帰宅することとします。
小島愛一郎 | 2007/10/22 10:12 PM
♪遅くまでお仕事大変ですね、お疲れ様です。

以前はザウルスでチェックしていましたが、今の携帯はPCサイトも見ることができるので、小島さんのブログをはじめ、いくつかのサイトは移動中もチェックしています。

本当は、RSSに登録してチェックしたいのですが、まだやり方がよく分からなくて、笑。
あざらしサラダ | 2007/10/22 10:35 PM
先ほど帰宅し、夕食後、また自宅にて仕事中です。仕事柄、紅葉前は結構、多忙です。

どうも今回のエントリとは少し脱線気味のコメントのやりとりとなっていますので、別ルートで明日にでも、RSS等についてご連絡しますね。

では、今宵もあざらしサラダ様にとって良い一晩となりますように。

そして私も1時頃には眠ることができるよう仕事を大急ぎで片付けます。

ではまた明日。
小島愛一郎 | 2007/10/22 11:08 PM
初めまして、

いきなりこのブログの記事を読んで驚きました。

冗談かと思うほどです。

私も子供を2人持つ父親ですが、信じられません。

最近は変な先生も沢山いるようですが、親まで変になったら子供はどうすればよいのでしょうか?
haru | 2007/10/23 7:27 PM
haru様、はじめまして。

私は子供を5人持つ父親です。

>最近は変な先生も沢山いるようですが、親まで変になったら子供はどうすればよいのでしょうか?

そうですね、先生も少し違和感を覚える方もおられれば、極端な方もおられます。すべての先生がそうではないですが。

変な先生、変な保護者、いずれも重要なことは、すぐに変わることがないということです。よって、私がエントリで書いたように、今回の場合、教師に手引きを渡すだけでは根本的な解決にはならず、保護者にも手引きを渡すか、保護者用の手引きを作成すべきと考えています。

もちろん、これだけで解決することではないと考えています。これまで頂戴したコメントのように教師・教育委員会・保護者だけでなく、地域の方や保護者の両親にも協力してもらわなければと考えています。

そのためには、まず「現状」を教師間ではなく、少なくとも保護者にまず伝えるべきという考えが、このエントリの最大の主旨です。

ではまたお気軽にご来訪下さい。
小島愛一郎 | 2007/10/23 8:31 PM
小島様
丁寧なコメントありがとう御座います。

確かにこの記事からすると本当は不必要であるはずのものなのに、必要性を感じます。
(変な文章ですみません)
大人に手引きを渡しガイドラインを設けなければならないほど身勝手な親ばかり・・・
きっと身勝手な親なら手引きを配布した時点で文句ばかりでしょうから、「学校の指示があるまで絶対見てはいけません」と書いたものを渡してはいかがでしょうか?
恐らく全ての親は逆にじっくり見ると思います。

また、ブログを拝見させていただきます。



haru | 2007/10/25 7:08 PM
haru様、再訪いただきありがとうございます。

恐らく、「保護者用手引きを作ります」と行政などが発表した時点で、親だけでなく、様々な関係者が反応すると考えています。発表しただけで終わってしまうかもしれませんね。

少し視点がずれますが、給食の献立表も本当に変化しました。アレルギーの子供さんへの配慮とは思いますが、少なくとも私が子供の頃には今のような献立表は存在していなかったと記憶しています。

献立表も保護者、子供たちに対する変化・配慮の一つでしょう。本当に世の中は変わりました。変わらざるを得ないものもあるということでしょう。

ただ、コメントのように、
>「学校の指示があるまで絶対見てはいけません」
こんな注意書きの手引きや案内は、保護者も経験したことが無いので、かなり効果は期待できますね。

では、また気軽にコメントをお願いいたします。

私もそろそろ帰宅することとします。
小島愛一郎 | 2007/10/25 10:10 PM
この間テレビを見て、
モンスターペアレントと呼ばれる人たちが
まだいると知りました。
どうやら本人たちはあまり意識してないようですが。。。
権利を履き違えて主張し、義務(給食費を払わない)をないがしろにする。
とても悲しい思いになりました。
ピラミッドの頂点になれないと騒ぎたてる。
もし私が小学生の時に頂点になれなかったと
親に悔しがって言ったとしたら、
親はこう答えるでしょう。
「よく上の人たちを支えていた」と。

自分の夢を子供に託すというのは悪くないかもしれませんが、それが過度になれば変な方向にすすんでいきます。
ぜひとも親自身がいきいきと自分の夢に邁進し、
その姿を子供に見せてあげることができれば
いい方向に進んでいくのではないかと思います。

追伸
あくまで1マスコミのテレビ番組を元に
意見を言ったので事象の断片しかとらえていないかと思っています。

追伸の追伸
もしそういった親たちがいるとして、
その人の子供がぜひとも親を反面教師にして育って欲しいと思うばかりです。
トミー | 2007/10/31 11:26 AM
トミー様、はじめまして。

ご指摘の通りですね。
組み体操の頂点に立つには多くの子供たちの力と忍耐が必要です。もちろん頂点に立つことも組み体操に限らず難しいですが。

組み体操も一つの社会の構図と言えます。上に立つ人もいれば、支える人もいる。支える人がいなければ上に立つことはできない。

恐らく、無理難題を言う保護者の方々は、「社会」そのものをあまり知っておられないのではと私は考えています。

親を反面教師として私も子供が育って欲しいとは思うのですが、私は難しいかなと考えています。

「組み体操」という形態で、まさしく社会が成立していることを体感している方に幼い頃から何らかの形で伝える仕組みがあればなと思っています。

本来は、これこそ親がすべきことなのですが。

ではまたお気軽にご来訪下さい。
小島愛一郎 | 2007/10/31 3:54 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/724
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top