ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木村秋則氏「フジ」2007年度抽選応募受付終了のお知らせと最後のお願い | トップに戻る | 謹賀新年:百年の繁栄を望むなら人々を育てよう >>

鉄人Honeyを是非、応援願います!:そして、今年もありがとうございました。

鉄人Honey

 ふとしたことから、私のサイトでご縁を持つこととなった方がおられます。そのご家族のお一人が新進気鋭のアーティスト:「鉄人Honey(アイアンハニー)」。
 まずは公式サイト:「鉄人Honey」の「自己紹介」から一部引用させていただきます。
ボーカル&ギターのYohkoです!現在16歳☆

歌うことが大好きな、
パワフルキュートな高校生シンガーソングライターだよ!

大好きなミュージシャンは、60年代の黒人女性グループ
「シュープリームス」!!!

60年代〜80年代の音楽をベースに、10代の感性が創り上げた
「ニューオールドミュージック♪」
一度は聴いて損はないー!

ってことで、鉄人Honey(アイアンハニー)のYohkoです!

覚えて下さいね〜♪

 新進気鋭の「鉄人Honey」のボーカル&ギターをされているYohko(ようこ)さん。
 「こちら」をご確認いただくと、本日12月28日現在で、なんとアーティストランキングが第3位という凄い躍進。そしてご確認いただいた皆様が「投票」ボタンを毎日、一度、クリックいただくと近い将来、1位になる可能性が極めて大きくなります。
 私のサイトのサイドバーにも、下記のリンクを設置しました。

新進気鋭:「鉄人Honey」を応援、クリックを!
応援:下記画像をクリックして投票!


 是非とも、皆様、毎日、一度のクリックをお願いいたします。皆様のご協力で1位を目指しましょう。

 上述したように、ふとしたきっかけから、まだお会いしていませんが、私のサイトにコメントを何度も頂戴し、またメールでのちょっとしたやりとりをYohkoさんのご家族の方とさせていただいています。本当に何とも表現しがたいきっかけが発端です。

 Weblog、ブログというツールは様々な形で発展してきました。同時に弊害も生じる場面もあります。ただ、ブログというコミュニケーションツールだからこそ、「できること」もあります。私がこのサイトを3年程前に開設していなければ、「鉄人Honey」を応援することも、そして大躍進中とはいえ、容易に知ることもできなかったでしょう。
 そんな、ブログの可能性に感謝すると共に、ブログが持つ可能性とは比較にならないくらい大きな「鉄人Hony」のこれからの可能性を確信し、期待しています。

 さて、まもなく21時。本日が我々の仕事納めの日となります。もうすっかり社員は誰もいなくなり、役員一人の帰社を待つのみとなっています。
 私自身は、時間が経つことが早いと思った一年でした。有意義な一年だったかどうかは何とも言えません。ただ、多くの皆様のご支援のお陰で一年間を過ごすことができました。そして何度も言っておりますが私の妻にも感謝です。

 少し話題がずれますが、昨晩は、いつもより2時間ほど早い夜8時に帰宅しました。自宅のドアを開けると、見知らぬ声が聞こえてきました。一瞬、誰かなと思ったのですが、昨晩は妻の友人が訪問される日で、子供たちはすっかり妻の友人お二人と遊んでいました。
 お一人はアメリカの方で、子供たちの前で英語で会話をして、「お父さんは本当に英語を話すことができるんだぞ!」ということを実感してもらいたいなと思っていたのですが、根本的に何を話しているか彼らには分からないため、あまり尊敬されたような感はありませんでした。まぁ、いつかはわかってくれるでしょう。いや、別にわかってもらわなくても良いと思っています。

 私が夕食を終え、その後、日本独特の各種ゲームを妻の友人お二人と共に全員で楽しみました。一足先に正月が来たような盛り上がった雰囲気でした。
 ゲームをしながら、大笑いする子供たちや負けて悔し涙を流す子供たちを見ながら、妻と私も含め7人の家族が、ここまで成長できて良かったなと、しみじみと考えていました。

 恐らく、「鉄人Honey」を支えるご家族も、僭越ではありますが、Yohkoさんの成長、変化に過去を思い、そして未来を考えておられると思います。

 再度になりますが、「鉄人Honey」の応援を皆様、よろしくお願いいたします。サイトへもアクセス下さい。ここでは伝えきれない情報が満載です。

 そして、今年も更新頻度が低かった一年ではありましたが、いつもご覧いただいている皆様、コメントを頂戴している皆様に心より御礼を申し上げると共に、皆様にとって来年も良き一年となりますよう祈念いたします。

 本当にこの一年間、ありがとうございました。
 そして、来年もよろしくお願いいたします。

※「ベンチャー社長ブログトップ10位へ
※「特選された多様な起業家ブログ集へ



※「新進気鋭アーティスト:鉄人Honey、下記画像をクリック」


2007.12.28 Friday | 大切な友人達 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.07.26 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞヨロシクお願い致します。

そして早速の力強い応援、有難うございます。
「新進気鋭」といわれると気恥ずかしいですが、嬉しいです!

本当に、なんとも表現しがたいきっかけのご縁でしたね。

でも小島さんとは、どこか通じるところがあり、今日までそのご縁に甘え、
ずっと仲良くさせて頂いてきました。

思えば昨年は私達家族にとって、怒涛の1年。
順風満帆でないことがいくつもありました。

本当の子育てって、なんでしょう?

健康であるように、幸せになるように祈りながら、
美味しい御飯を作ったり、質のよい教育環境を願ったり、
色々あると思います。

私達はその上に、自分達“親”が、どういう人間であったのか、
どんな夢を持って、どんなことを素晴らしいと思って生きてきた人間なのか、
それを伝えることを、とても大切に思って来ました。


ーーー私達は音楽夫婦でした。


子供に音楽の楽しさを伝えることが出来たら、
そして一緒に楽しむことが出来たらと、

そう思って、ずっと家族バンド(「もぉてんんじぇる」)として、活動してきました。

(無理強いはしてませんよ・笑。小説家志望の子は、そっちの道です・^^;)


でも、ドラム担当の息子の病気をきっかけに、色んな理由で、
ついに家族から、娘一人だけを、巣立たせることになったのです。


子育てで一番大切なのは、

親が手を離すべき時を見極め、
ちゃんと覚悟して、手を離すことかも知れません。

祈りを込めて、手のひらの小さな船を、
海に続く小さな川に、そっと手放す気持ちです。

みなさん、どうか一人で旅立つ決心をした葉子を、
一緒に応援してやって下さい!

ヨロシクお願い致しますー!m(_ _)m

えみしゃんこと、田中佳代子
えみしゃん | 2008/01/01 3:08 AM
えみしゃん様、まずは怒涛の昨年一年間、お疲れ様でした。

今回、頂戴したコメント、長文ではありますが、いろいろな意味において「すっと」、私の心に入り込みました。

私はまだまだ子供を手放す、あるいは子供自身が私や妻から離れていく段階にはありません。そして、まだこのようなことを想像すらしておりません。ただ、これからを想像するに今回のコメントが心に染み込みました。

ふとしたご縁から、ここ数年のお付き合いが続いております。その根底にあるのは人間としての考えや生き方にお互い違和感がなかったのではと考えます。

ふとした最初のえみしゃん様からのメールに私なりに返信させていただきました。私の返信内容に違和感が存在していれば、今のお付き合いは皆無と考えます。

お互い、まったく違うことをやっているわけですが、人間としては共通点、共感できる点があるのかもしれません。

その共通点をこれからも大切にしたいと考えております。

既に新年となっておりますが、今年も宜しくお願い申し上げます。そして、鉄人Honeyはもちろんのこと、娘様個人、ご子息のこれから、そしてご家族の皆様のこの一年のご活躍を心より、祈念申し上げます。

P.S.
たまには年内の娘さん直接のコメント、期待してますとお伝え下さい(あと360日以上のチャンスがありますよ、とも)
小島愛一郎 | 2008/01/01 10:50 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/746
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top