ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木村秋則氏と私の関係、そして今、思うこと | トップに戻る | 年内不況を乗り越える中小企業への2つのキーワード:「あきらめない」、そして「自分が涙を今までに流した数」を思い出すこと。 >>

お詫び:木村秋則氏「津軽」販売について

 「自然栽培リンゴ農家:木村秋則さんのリンゴ・リンゴジュース公式通販サイト」の運営統括責任者であります小島愛一郎でございます。

 公式通販サイトトップページにもお知らせしておりますように、春の天候不順のため、お客様にお渡しできる良品としての木村氏の「津軽」を販売することができなくなりました。

 従前より公式通販サイトをご利用いただいていた皆様、メディアや書籍等の木村氏の紹介で公式通販サイトを秋の季節に入り、何度もアクセスいただいておられた皆様に深くお詫び申し上げます。

 本当に申し訳ございません。

 以下に、昨日、2009年9月18日に木村氏から当社に到着したファックスを掲載致します。


木村氏ファックス小

 上記ファックス画像は、「こちらをクリック」いただくと大きな画像で見ていただくことができます。
 木村氏からのファックス文章は、画像でも、ある程度読み取れますが、以下に原文を掲載致します。

                21年9/18

サン・アクト
小島様

返事おくれ申し訳ありません。
いつも出歩いていました。今年のつがるは、
春の天候不順で良品物少なく小島さんに
扱ってもらうのは無理です。私の方もお客様に
断っているところです。すみません。

             青森県 木村秋則

 気候の変化には木村氏も当社も何とも対応できません。ただ、このような結果を皆様にお知らせする事態となり改めて、お詫び申し上げます。

 尚、今後の品種の販売については、現時点では不明な状態でございます。
 販売時期、販売品種等が確定次第、できる限り速やかに公式通販サイトにて、お知らせ申し上げます。

 以下、なぜ私あるいは当社が木村氏のリンゴを販売させていただいるかについて、ネット上を含め、いろいろと疑問を持っておられる方、お問い合わせ等がありますので、以下のリンク先をご覧ください。

 【木村秋則氏と私の関係に関する関連エントリ】

- 「自然栽培農家:木村秋則氏との出会い、そして今、思うこと
- 「木村秋則氏の「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」出演に思う
- 「木村秋則氏「フジ」2007年度抽選応募受付終了のお知らせと最後のお願い

 最後になりますが、何度も公式通販サイトにアクセスいただいておられた皆様、今年の木村氏のリンゴを楽しみに待っておられた皆様に対し、このような結果となりましたことについて謹んでお詫び申し上げます。

 サン・アクト株式会社 代表取締役 小島愛一郎

※「ベンチャー企業社長ブログトップ10位へ
※「特選された起業家ブログ集トップ10位へ
2009.09.19 Saturday | 木村秋則氏:リンゴ・リンゴジュース | comments(7) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

2017.07.26 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

先日、テレビで北海道のとうもろこしが不作だという番組を見ました。
これでは木村さんのりんごもむずかしいのではないかと思っていましたがやはり影響があったのですね。
今年は是非購入したいと期待していましたが、致し方ありません。
引き続きお待ちしています。
また、状況の告知、ありがとうございました。
山岡義則 | 2009/09/20 7:53 AM
[課外授業 ようこそ先輩]を見たら、高校生たちが収獲するリンゴの木には、赤いリンゴがたくさん実っていた。大きさもいつもの年のように見えたけれど。。。きっと「良品」が少ないだけなのでしょうね。
H | 2009/11/02 9:41 PM
H様、コメントありがとうございます。
直接の回答になっていないかもしれませんが、昨年、木村氏の奥様と電話で話を致しました。

「世間では奇跡のリンゴと呼ばれて、誰が見ても食べてもおいしいリンゴと思われている。これが何ともつらい」と。

換言すれば、まだ木村氏がメディアに露出されない無名の頃は、どのレベルが「良品」なのか難しいところですが、昔なら、どんな状態のリンゴでも木村氏を応援するという意味で長年、購入された方々がおられたということかと私は考えています。そこには病害による斑点や小さな穴などいろいろあったリンゴでも販売され、受け入れられていました。

それが、「奇跡のリンゴ」と呼ばれたことで、ハードルが極めて高くなったのだと考えております。

これ以上は、深くは申しませんが、これが今の木村氏や奥様の心情であり、ここまで露出してしまった結果、現実かなと考えております。
小島愛一郎 | 2009/11/04 6:01 PM
はじめまして。
12月3日放送の「ルビコンの決断」を見ましてぜひとも木村さんのりんごを食べてみたいと思アクセスいたしました。
今年の林檎販売はないということで非常に残念ですが天候とは致し方ないですね。
次回に期待したいと思います。
とみこ | 2009/12/07 1:49 PM
とみこ様、今年のリンゴの販売が無いのではなく、最初の品種の「津軽」の販売が気象の関係で、できなかったということです。

自然栽培農家木村秋則氏(公式通販サイト)
http://sun-act.shop-pro.jp/
こちらに詳細が掲載されております。
昨年までは各品種を販売することができました。
今年は、上記サイトにあるように完全に未定です。

残念ですが、あまりにも木村氏はメディア露出や、全国各地への講演で、今年は作業着の木村氏よりも、背広を着た木村氏が日々の大半となっています。

http://sunact.jugem.cc/?cid=25
こちらをご覧いただければ私と木村氏の関係はご理解いただけると思いますが、その当時、背広を着た木村氏など、見たことがなかったことだけをお伝え致します。
小島愛一郎 | 2009/12/10 12:26 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/06/18 10:19 PM
奇跡のリンゴを、数年前にちらっと読んでから気になっていました。
先ほど読み終えて、こちらにお邪魔しました。

農学部出身者として、地球のために何かしなければという思いが強まりました。
リンゴに穴があろうが、そんな事はどうでもよく、木村さんの地球を守ろうという思いが沢山の方に届けばいいと思います。

小島さん、私も応援します。
木村さんのサポートを、どうかよろしくお願い致します。
田中 健司 | 2010/10/18 12:34 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/804
皆様からのトラックバック
先日、テレビで、北海道のあるとうもろこし農家が紹介されていました。何でも今年は不作で注文があっても販売するとうもろこしがないとのことでした。そして、昨日、今か今か...
今年は不作? | | 2009/09/20 10:07 AM
私は、2006年12月7日にNHKで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、木村秋則氏のことを初めて知った。リンゴが何年も収穫できなくて、自殺しようとして山に入り、そこで目にした実をつけた自然のリンゴの木、人が手を加えなくても自然の状態ならい
「自然栽培ひとすじに - 木村 秋則 著」を読んで | 家庭菜園 自然農で雑草と共に | 2009/10/09 9:31 PM
先週末、京都市の桂離宮に近いイタリアンの店が評判だということで出かけてみたのですが、運良く予約をとらなかったにもかかわらず、ランチを楽しむことができました。決して便利とはいえず、しかも場所も分かりづらいレストランですが、人気が高い店です。ピッコ
スモールでもビューティフルなビジネス | 大西 宏のマーケティング・エッセンス | 2009/12/01 11:56 AM

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top