ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< JUGEMも一日分のTwitterのつぶやきを表示して欲しいな。 | トップに戻る | 木村秋則氏のリンゴ・リンゴジュース販売停止のお知らせ >>

なぜ、真夏の今、人々は無視するのか、そして責任回避と人々の劣化。

悲しみ

 数日前の夕方に大手ドラッグストアへ。

 車を停めて、ドラッグストアの入口近くに、倒れこんでいるご老人が。「大丈夫ですか」と私は聞いたが返答は無かった。ただ、焼酎のパックのようなものがあった。

 入口にある簡易椅子に座ろうとされていたのだが、恐らく、一度は座ることはできたのかもしれないが、ずり落ちてしまわれたと思う。換言すれば、ずり落ちた瞬間に頭を強打された可能性があったと私は直感した。

 私は、自分の買い物など関係なく、急遽、ドラッグストアの店員にご老人が倒れこんでいると女性店員に伝えた。女性店員は、様子を見て、「店長を呼びます」と一言。
 この真夏の中、早急な対応が必要と思いながらも、店長が来られた。

 店長と私とで、ご老人を椅子にしっかりと座れる状態にした。眼を覚められたご老人は手を合わせ、ありがとうございますの意思表示。ただ、話すことも居場所・連絡先も聞くことができない状態。

 「店長、救急車を呼びましょう、このままでは危ないですから」と私。
 「いえいえ、当方で注視致しますので、救急車は必要ありません」と店長。

 私は、自分の買い物を終え、再度、簡易椅子に座っておられるご老人に声をかけたが返答は無かった。

 「店長、やばいですよ。ご老人の意識が無いように見えますが」と私。
 「お客様(私)、これ以上は我々で何とかしますので」と店長。

 その言葉を聞いた瞬間に救急車を呼んだ私。そして、店長に対して、救急車を呼んだのは私自身ですからと伝えた。

 その瞬間に店長の顔が緩んだ。要するに、自分の失点を本部に伝えられない状況を回避できたからだろう。

 いずれにせよ、この真夏にご老人が倒れこんでいる状態を誰しも、伝えなかった人々。そして、ご老人が倒れこんでいることを知らずにいたことを失点と捉え、責任回避したドラッグストアの店長。

 私がドラッグストアへ行く前に、ご老人が倒れこんでいる姿を多数の方は見ているはず。真夏の今、死に至る可能性があるというのに。

 そして、倒れこんでいることを知らなかったという事実を隠蔽しようする店長。サラリーマンである店長の気持ちは分かる。だから私が救急車を呼び、彼の責任を回避した。
 しかし、誰が見ても、危険な状況であるご老人が倒れこんでいる姿を見ても、ドラッグストアで買い物する誰もが店のスタッフに言わなかった事実。

 極論だが私がその日にドラッグストアへ行かなければ一人の生命が失われていたかもしれない。

 日本人はここまで、劣化しているのだろうか。

※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ
2011.08.07 Sunday | 一人の人間として | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.09.10 Sunday | - | - | -

皆様のコメント

お久しぶりです。驚くような体験をされてのですね。現実に起こったことに、常識で対処できない店長・・・驚きます。そういうタイプの人っていますが、若い人はそうでない人が多いようにも感じます。
大西宏 | 2011/08/07 5:07 PM
大西様、ご無沙汰しております。
この件が例えば、八百屋さんであれば、
どう対応するか、恐らく救急車を呼んで委ねられると思います。

ただ、今回の件、店長は薬剤師。
応急手当など誰よりもわかっているはず。正に、保身です。
小島愛一郎 | 2011/08/08 12:01 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/846
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top