ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なぜ、真夏の今、人々は無視するのか、そして責任回避と人々の劣化。 | トップに戻る | 誕生日を間もなく迎えて思う大切なこと >>

木村秋則氏のリンゴ・リンゴジュース販売停止のお知らせ

 当社が10年近く運営してきました「木村秋則氏の公式通販サイト」は本日を持って閉鎖を致します。

 公式通販サイトで、本年9月14日付で以下のように記載しております。

重要なお知らせ
 木村秋則氏より、過去を支えてくれたお客様へのリンゴ販売を優先したいとの申し出があり、当サイトでは、木村氏のリンゴの販売を中止致します。
 何卒、ご容赦いただきますようお願い申し上げますと同時に、このサイトを今までご利用いただいた多くの皆様に心より御礼申し上げます。
 また、本件についてのお問い合わせにはお答えしかねますことをご了承いただきますようお願い申し上げます。
 最後になりますが、本サイトも今月9月30日をもちまして閉鎖致します。
 長い間、ご愛顧いただきましたことを改めて御礼申し上げます。
 
 私は、2006年11月17日付で「木村秋則氏の「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」出演に思う」という記事で既にこの状況を想定しておりましたが何とか2009年までは販売可能な状況となっておりました。
 下記に、一部分を、引用致しますが、全文は、「木村秋則氏の「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」出演に思う」をご一読いただければと存じます。

 木村氏の戦場は、各メディアの場でも講演会場でもありません。彼の戦場は、「彼が何十年にも渡り、農薬が無くてもリンゴが結実するように変化したリンゴの 木であり、リンゴ畑」なのです。彼の戦場で、彼だけが、リンゴや自然と向き合い、闘い続ける時間を減らすことの危険さを理解していただければと思います。 そうでなく、今の状況が続けば、「本末転倒」の時がやってこないとは言い切れません。
 最後になりますが、これからも末永く木村氏のリンゴ栽培を支えたく、できる限り、重複になりますが「彼の戦場であるリンゴ畑という舞台」で、できる限り、 毎日、闘う時間を確保することができるよう、これからは静かに応援していただければと僭越ではありますがお願いしたいと存じます。
 
 この気持ちだけは、2006年当時から今も、変わってはおりません。そして、「奇跡のリンゴ」が「幻のリンゴ」ならないことを心より願っております。
 この感情は、まったく無名だった木村秋則氏の夢を実現させるため、私が20代後半に数年間、青森県弘前市に滞在し、共に汗をかき、共に泣いた時代と変わりはありません。

 最後となりますが、何度も通販サイトにアクセスいただいた皆様、永年、通販サイトをご利用いただいた皆様、そして、最もお詫びしたい、木村秋則氏が著名になられる前からご購入いただいていたお客様。
 このような、多くの皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしますことを、心より、お詫び申し上げますと共に、何卒、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 いずれに致しましても、私個人としても、本当に、極めて残念、無念と思っております。

 本当に申し訳ありません。

 ご参考(私と木村氏との関係)は以下をご覧下さい:
 「木村秋則氏:リンゴ・リンゴジュース

 サン・アクト株式会社 代表取締役 小島愛一郎
2011.09.30 Friday | 木村秋則氏:リンゴ・リンゴジュース | - | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.03.11 Saturday | - | - | -
この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/847
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top