ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お客様がいる限り、廃業しませんという決断の重み | トップに戻る | ゴメンね、次男坊と三男坊へ。 >>

雑感かつ我が家の日常

  極めて、ブログの更新が無いため、雑感と我が家の日常を。

 両陛下、パラリンピック選手らをねぎらう茶会


 以下、全文引用である。
 いずれにせよ、政府は何をやっていたのか。憤りを覚える。

天皇、皇后両陛下は5日、ロンドンパラリンピックで入賞した選手や競技関係者ら107人を皇居・宮殿に招き、茶会を開かれた。

 皇太子さま、秋篠宮ご夫妻も出席し、選手たちにねぎらいの言葉をかけられた。

 茶会には、金メダルを獲得したゴールボール女子の選手や、車いすテニス男子シングルスで連覇を果たした国枝慎吾選手らが出席。冒頭、天皇陛下は「皆さんが大きな成果を収められたことを誠に喜ばしく思います」とあいさつされた。

 視覚障害を持つゴールボール女子主将の小宮正江選手は、天皇陛下にオレンジジュースを手渡してもらったといい、「お心遣いしていただいて光栄でし た。今後も頑張りますと言いました」と感激した様子。国枝選手は「両陛下は私がひじの手術をしたこともご存じで、すごく感動しました」と興奮気味に話し た。

(2012年10月5日18時51分  読売新聞)

 さて、話を変えて、我が家の状況である。

 夕食時は、常に小学2年の末娘がナゾナゾを出す。
 そんな折、沖縄の修学旅行は「小学校か、中学校か」と、独り言。

「中学3年」と妻。それを聞いた末娘が、
「京都の隣が大阪で、沖縄はもう少し行った所」
「アメリカは、大阪と沖縄の間にあるから、お父ちゃんはアメリカに行かはった」。

 ここで、私の真正面にいる、中学1年の三男坊の含み笑いが始まった。私が、「北海道はどこにあるの」と聞くと「北極の近く」。

 最後に「アメリカで一番、偉い人は」と聞くと、末娘は「デヴィ夫人やで」

 三男坊が飲んでいた牛乳が、私の顔に直撃しかけた。

 あまり意味の無いエントリーだが、広告を消したいためお許しを。

※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ
2012.10.06 Saturday | 私の家族 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.07.26 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/863
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top