ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雑感かつ我が家の日常 | トップに戻る | ここ半年、色々とありましたがブログを再開! >>

ゴメンね、次男坊と三男坊へ。


 数週間前、我が家の中学3年である次男坊と、中学1年の三男坊が、山科疏水というところから、毘沙門堂(私の会社がお借りしている場所)を往復するという、恒例のクロスカントリ―があった。

 私の会社の前を走ることとなる。

 次男坊も三男坊も、双方とも応援しないでと通告されていた。

 勝負事には、異常な程、興奮する私を知っているため、その様子を友達に見てもらいたくないがためのことである。

 しかし、事件は起こった。

 通常通り、出勤するため、自宅から歩いて10秒程のお借りしている駐車場へ。しかし、私の車でも狭い駐車場入り口に大型トラックが、何度も切り返しをしながら駐車場へ。お借りしている大家さんの改修工事である。

 15年近く駐車場をお借りし、大家さんとも仲良くしているため、クレームを言う隙間も無く、私は、大型トラックが入るのを待ち、やっと会社へ。

 結果として、10時少し前に、毘沙門堂の駐車場へ到着。

 そして、歩いて、会社へ行く途中で、次男坊・三男坊と遭遇。

 次男坊は、300人中36位。彼とは目があった。三男坊も見かけたが、彼とは目があわなかった。

 いずれにせよ、その晩、次男坊には陳謝し、寝ていた三男坊には、これまた陳謝の手紙を。次男坊・三男坊に、嫌われている私では無いと思うが、大声で声援する私の存在は、やはり恥ずかしいということが次男坊が小学生の頃、サッカー大会に出て、一人、大声を出している私に、妻が、やんわりと、苦言を呈した。

 勝負事に興奮する私はいつになっても変わらない。そして変わることも無いと思ってはいるが。

 子供達には勝負事には、熱くなってもらいたい。
 ちなみに私はギャンブルは、一切しない。

※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ

2012.12.16 Sunday | 私の家族 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.07.26 Wednesday | - | - | -

皆様のコメント

親が子供を応援するのは自然なことなので、特に謝る必要もないのではないかとも思いますが、各家庭の事情もあるのでしょうね。
Ichiro | 2012/12/30 8:02 AM
Ichiro様、コメントありがとうございます。ご指摘のように親が子供を応援することは自然なことなのですが、当方、静かに見守り、応援するのではなく。大声で声援するため、子供達は恥ずかしがっております(ということを記事にも記載しているように、妻に言われました)。
小島愛一郎 | 2013/01/04 12:15 PM
お子様は思春期ですから、特有の気恥ずかしさがあるのでしょう。

ところで、木村さんの活動方向がこの3−4年で定まってきたようですね。
興農社のHPの内容が変化し始めてます。
講演活動は怒涛のようなスケジュールではなく、地方に出向いての草の根的なものです。

AK メソッド・・・ 放任でも有機農法でもない、自然栽培手法。
B4 | 2013/05/31 7:29 AM
B4さん、コメントありがとうございます。ご指摘の通り、子供達は思春期なので恥ずかしいものがあると思います。

尚、木村氏の動向については、色々と知っておりますが、木村氏の奥様の体調が不安です。それ以外は、ここでは何も言えません。ご容赦を。
小島愛一郎 | 2013/06/01 1:35 PM
お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/864
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top