ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 白状します。 | トップに戻る | 10分と15分の差、たったの5分だが極めて違う。 >>

お陰様で、今年も黒字になりました。



 創業当時からお世話になっている税理士事務所の所長が過日、13時半に来訪予定。その時間帯に、常日頃、担当いただいている税理士の先生から電話が。

「所長、まだ帰ってきておらず、少々、遅れます」と。
「いや、大丈夫ですよ」と私。

 しかしながら、13時31分に所長は車で到着。ありゃ、どういうことかなと所長に聞くと出先から直行されたとのこと。所長は鞄を開けた瞬間、決算関連の書類をお忘れに。ということで、私の会社から15分程度の事務所へ戻られた。
 数十分後、再び、来社。通常の顧問先は、少し世間話をして、書類にサインして10分程度で終わるのが普通だが、所長とは年に一度しか会わないが、なぜか気が合うため世間話を2時間程度。決算関連の話は5分程度。

 71歳の所長。私の緑内障の話から所長の持病の話。話を聞くと結構、様々な手術をされていた。

 所長にはもちろんお孫さんがおられる。機関車トーマスが好きだそうで、必死になってすべての機関車の名前を覚えられたとのこと。ここまでの他の話も含め、世間話で1時間。署名をして、さて帰られるかなと思いつつ、またまた話が所長から。

 最近、「物忘れが酷くてね、社長」と所長。上述した機関車トーマスのポスターを京阪電車に乗った際に見たが、「これは何という名前だったか、思い出せなくて」。「一番、メインのトーマスを忘れるとはちょっと...。」と私。「社長、そうでしょ、どうも最近、あきませんわ」と。
 所長曰く、物忘れに聞くサプリメントが開発されたようなので、毎日、飲むこととしますとのこと。その後も1時間程度、世間話。深くは書かないが、お互い、爆笑の連続。

 そして、やっと腰を上げた所長に一言。来年の今、私の会社の場所や私の名前は忘れないで下さいねと。「社長、それは大丈夫ですよ、恐らくですが、ちょっと自信がありませんが」と。「先生、頼みますで」と私。

 お互い、肩を叩きながらも再度、爆笑。

 ということで、お陰様で、今年度も私の会社「黒字」でした。消費税の支払が膨大ですが。

 ※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ
2015.05.30 Saturday | 私の会社:サン・アクト株式会社 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.09.10 Sunday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/886
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top