ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 嬉しい限り:年に一度の晴れ舞台 | トップに戻る | YouTubeと緑内障と私 >>

2016年GWにて、キャンペーン中のKindle電子書籍を素早く見つける方法

 2016年のゴールデンウィークが始まった。様々な業界ではこの期間を逃すまいと壮絶なキャンペーンが既に始まっている。(以下、ご紹介するリンク先を踏んでいただいても私には1円も入らないことを言明しておく)

 アマゾンのKindle電子書籍も例外ではない。ただ、直接、アマゾンの「Kindle本」サイトへ行ってもキャンペーン対象の書籍は見つかりにくい。いや、1、2種類しか見つからない。平常時では、なおさらである。

平常時の私のキャンペーン情報の探し方

 私は、以下のサイトを定期的にチェックし、アマゾンの電子書籍もキャンペーンに該当していないか確認している。

 「特集・キャンペーン一覧 - 電子書籍・漫画(マンガ)・コミックはeBookJapan
 「ヨドバシ.com - 電子書籍 お得なキャンペーン&特集
 「キャンペーン一覧 - 電子書籍ストア BookLive!

 大体、この3つのサイトでキャンペーンをしている(例えば出版社ごと、あるいはテーマごと)電子書籍の多くがアマゾンでもキャンペーンをしている。アマゾンが先にキャンペーンをしているのか、3つのサイト(楽天等、他にも色々あるが)がやっているため、大人の事情でアマゾンもキャンペーンをしているのかは私には不明であるが、この際、どうでもいい。

 いずれにせよ、3つのサイトのキャンペーン情報を見て、元来、欲しかったKindle書籍(アマゾンの欲しいものリストに常に入れてコメント欄に価格と日付を入れている)がキャンペーン中であれば、欲しいものリストの価格と比較し同等に安くなっていればアマゾンにて購入する。

 もちろん、まとめサイトも参考になり、常にチェックしている。まとめサイトの方々は時間を要して、丁寧に書籍を紹介されておられ、自然と読みたくなってくる場合もある。ただ、後述するがキャンペーンだから購入するのではなく、読みたい本がある=キャンペーン中でお得である=購入しよう、という流れが私の基本。「キャンペーン中で99円だから何となく購入」などはあり得ない、少なくとも私にとっては。

本題:素早くキャンペーン中のKindle書籍を見つける方法

 結論から言う。2ch、2ちゃんねるを利用するのである。

 「kindle セール情報 スレ」といった語句で検索する。すると現在、2016年4月29日17時過ぎ段階で「Kindle セール情報 part46 [無断転載禁止]©2ch.net」を見つけることができる。現時点で「レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。」と記載されているので、その場合、part47を見るか検索すればいい。

 「Kindle セール情報 part46 [無断転載禁止]©2ch.net」は4月8日から始まっている。4月初旬のキャンペーンが紹介され、4月15日頃の書き込みにGW前に終了するキャンペーンが紹介され、そして、4月28日、いわゆる昨日昼過ぎに5月12日までのキャンペーンが紹介されている。

 あとは2ch特有の外部サイト移動のためのワンクッションがあるが、リンク先へ移動しブックマークあるいは欲しい電子書籍があるか確認すればいい。2chを見る方はご存知の「最新50」にしておくことは言うまでもない。

 2chを私は電子書籍情報の確認だけに使っている。往々にしてリンク先がわけの分からないところになる場合があるからだ。ここらあたりも2chを見ておられる方はご存知だろう。

 よって、今回、私が紹介する2chを使ってのKindle電子書籍キャンペーン情報を得る手段も100%正しいとは言えない。ただ、今のところ私は重宝だなと考え、使っている(あくまで紹介のため自己責任でお願いします)。

電子書籍、プライム会員、読書について


 蛇足だが、なぜアマゾンなのかと言えば、単に私がプライム会員であるだけのこと。プライム会員は様々な特典があるが、正直言って、Kindleオーナー ライブラリーで一ヶ月間無料で本を読むことには魅力を感じていない(プライム対象の書籍の探し方にはコツがあるがこれまた今回は紹介しない)。本というものは、紙であろうと電子書籍であろうと手元に置いてじっくりと読むべしと考えているからだ。


 プライム会員である理由は、年間3,900円を支払えばそれなりのビデオが見放題になるという点に尽きる。年間3,900円は一日相当で10円程度。ビデオを毎日見る時間もなく、レンタルビデオ屋さんに行く時間もなく、突如として休憩したいなと考える時にビデオを好きな時間に好きなだけ見ることができるという利点がたったの一日10円程度で常に確保できているため、プライム会員であり続けている。将来的に3,900円が高くなろうが、プライムビデオだけ別料金になろうが、それはそれでなった際に考えればいい。

 家電や文房具などポイントを貯めてお得な買い物をしたいと思えば、私はヨドバシで購入している。何といっても現時点でほぼすべて価格に関係なく送料無料、さらに最低でも10%のポイントが付与される(これこそオムニチャネルなのである。電子書籍はヨドバシでは買わないが、理由は述べない)。

 キャンペーン情報を素早く見つける方法を紹介しておきながら変な話だが、キャンペーンありきではなく、読みたい本ありきだと私は考えている。また、よく言われるようにベストセラーよりもロングセラーの書籍を読むこととしている。よって、読みたい・読むべきと思う書籍は、まず図書館で借りる。ベストセラーなら数週間待たねばならないが、ロングセラーなら数日で手に入れることが可能な場合が多い。

 Kindleの日替わりセールならともかくも、キャンペーンであれば最低でも一週間以上、続けているはず。常に読みたい本を図書館で借りて、リストアップし該当する本が電子化される、あるいはキャンペーンでお買い得になっていれば購入する。これで良いのではないだろうか。

 また、一冊の本に要された費用と購入できる費用では、要された費用の方が高いと考えている。何万部も売れた場合など想定せずに、このような情報が数百円から千円単位で得られると考えればいい。

最後に:電子書籍のサンプル以外の中身の確認方法

 Kindleだけでなくどの電子書籍もサンプルはサンプルでしかあり得ない、当然の如く。よって、上述したように図書館で書籍を借りてから購入すべきかどうか決めるのだが、他にも方法がある。それがやはりGoogleである。

 Googleで書籍名や検索語句を入れ、「もっと見る」、「書籍」を選べばいい。様々な書籍がプレビューでサンプル以上の内容を見ることができる。プレビューは利用できませんというものもあるが仕方のないことだ。ただ、Googleは電子書籍というよりも情報をスキャンし残しているという考えに基づいている(少なくとも私はそう考えている)ため、読書というよりも電子化された情報源として捉えた方が適切かもしれない。

 以上、本当に世の中、便利になったなと思いつつ、ここらあたりで終わりとする。2chで書き込まれないよう祈りつつ。

※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ

2016.04.29 Friday | ちょっと休憩 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.03.11 Saturday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/891
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top