ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2016年GWにて、キャンペーン中のKindle電子書籍を素早く見つける方法 | トップに戻る | お陰様でブログ開設12年と123日:これからも時代に反して長文を書き続けます。 >>

YouTubeと緑内障と私

 2013年の1月に緑内障と診断された私。今日は2016年6月25日。今日でもう約3年と半年となったが、緑内障は点眼だけが治療法。よくまぁここまで忘れずに、邪魔くさがらずに続けてきたものだと自分でも思う。もちろん、失明したくないからだが。

 点眼薬の種類で紆余曲折はあったが朝に4種類、夜に5種類の目薬を点眼してきた。一日に8回として、年間約3,000回。3年と半年なら、もう1万回以上の点眼を続けていることになる。これが生涯続くのだが、あと十数年もすれば何か新たな治療法が見つかると僅かながら期待している。そう考えねばやっていられないのも事実。

 ちょっとしたソフトのタイマーをパソコン上でオンにして、最初の目薬を5分間、眼を閉じて、5分間休憩、その後、また次の目薬を行う。朝・夜とも最低、20分は眼を閉じる。そしてその間、ストレッチと最後の点眼が腹式呼吸。これはいつになっても変わらない。ただ、週末は音楽を聴きながら点眼をする。これまた、そうやらねばやっていられない。

 今日は土曜日。休みである。そこでYoutubeの出番である。私は「Amazonのプライム会員」で、Amazonには「Prime Music」なるものがあるが、残念ながら、無料であるためお気に入りの曲は少ない。あることはあるのだが、検索もやりにくく、無料版は本人が歌っているのが少ない。いくらなんでもオルゴールの音で目薬というのも味気ない。

 そこでYouTyubeでお気に入り、かつ5分程度で終わる曲をブックマークし、パソコンから聴いている。時の変遷やその時の気分によって年々、聴く曲は変わっているが、メモとして3年と半年を経過した際の私のお気に入りの曲を披露する。ちなみにイヤホン無しで音楽を聴くのは点眼の時だけ。自室とは言いながらも勉強中の子供達に迷惑がかかるから。逆に言うと音楽が聞こえたら「お父さん、目薬の時間だ」と子供達は認識する。

 

■朝の部

 朝はそれなりに明るい曲である。今朝の一曲目は冒頭で紹介している「夏が来る/大黒摩季」。私は彼女が好きであり、彼女の世代でもある。一時期は「大黒摩季 歌詞付き『名曲メドレー』」ばかり聴いて朝の部を終えていたが、さすがに最近は、一曲だけに落ち着いている。

 次も元気に「あー夏休み 2010」、TUBEである。私の世代なのである。そして、眼を閉じながらも、株主総会も終えて、気分は「夏休み」なのである。「シーズン・イン・ザ・サン」なども良いのである。

 

 さて、3本目の目薬である。ちなみに平日は上述したように眼を閉じている5分間はストレッチ、次の目薬までの5分間は隙間時間なので事前にやることを決めている。もちろん仕事である。しかし、休み中は眼を開けている5分間は読書なのである。私は併読するのが基本で、現在、軽めのビジネス書として「GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代」・心理学者でありながらノーベル経済学賞を受賞した行動経済学の名著「ファスト&スロー」・今、映画化で話題のミステリー「合本 64(ロクヨン)」を読んでいる。

 脱線した。3つめの曲は、「篠原涼子 with t.komuro - 恋しさと せつなさと 心強さと」である。許容範囲なのである。気分が許せば「SPEED - White Love」も聴くのである。このくらい明るくないとやっていられなくなるのである。

 

 朝は次が最後の点眼であり、最後の曲となる。4曲目は、いわゆる締めの曲である。本日は「ffフォルティシモ HOUND DOG」。まったくもって関連性がないが、最後の曲は毎週、変えている。「ALICE BURAI」、「スピッツ / ロビンソン」・「槇原敬之 - どんなときも。」などである。何となくわかってもらえただろうか。ちなみにどの曲も「心の中」で歌っている。これらの曲を声に出して歌うには私は年齢を重ね過ぎた。

 

■夜の部

 夜である。5種類の点眼をするため、5曲が候補。心穏やかにしなければならないのである。よって、1曲目がポイントとなる。今晩は「駅 Eki (Live) - Mariya Takeuchi 竹内まりや」。朝の部とは大きく違うが、気にしないで欲しい。関西人の私だが「点眼に笑いは必要ない」のである。

 

 2曲目は、「Pride - ap bank fes 06 - 今井美樹 with Bank Band LIVE」。何となく路線が似ているのがわかっていただいただろうか。週末の土曜日、点眼後は家族と夕食、そして「プライム・ビデオ」で気兼ねなくビデオを見る日なのである(と書きつつ、ほとんど読書になるが)。

 

 3曲目は、「365日の紙飛行機 山本彩」である。夜にふさわしい静かな曲ではないのでは、と思われる方は一度、このバージョンを聴いていただければと思う。少し趣向が違うのである。

 

 さて、4曲目である。ここらあたりから点眼・夕食後にどんなビデオを見ようかと探し始める。5分間の隙間時間の有効活用となる。ということで、「ネイビーシールズ 」とする。この映画は有名な俳優は出演していないが、なかなか思うところが多い作品である。さて、4曲目であるが、「Mariah Carey - Without You (Official Video)」。深い意味は無い。そして、4曲目ともなると毎週、変わる。ただ、一応、米国留学したであろう私なので海外の曲も聴いていますよということが言いたいだけなのかもしれない。4曲目の候補としては「会いたい ~沢田知可子~」・「安全地帯 メロディー」などがある。こうして列挙するとある程度、納得いただけるかもしれない。

 

 さて、やっと夜の部5曲目、いわゆる今晩最後の曲。それが最近は「一青窈 - ハナミズキ」となる。詩が何とも良いのである。そして、心も穏やかになり、一日を振り返りながら聴くにふさわしい曲だと自分では思っている。この曲は「人と歌プロジェクト」の中の一つでもある。

 

 さて、いかがだっただろうか。これからも「週末」は何回も、何十回も、何百回も続く。恐らくこれから何十回目の週末、何百回目の週末は違う曲を聴いているだろう。もしかすれば曲を聴くのではなく、他のことをしているかもしれない。

 いずれにせよ、今の私が聴いているのはこれらの曲。もし他に何か5分程度で良き曲があれば教えていただければ幸いである。これからも点眼を続けるために。

 

※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ

2016.06.25 Saturday | ちょっと休憩 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.06.11 Sunday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/892
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top