ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘

 サン・アクト株式会社は京都で、環境や緑化だけでなく、
深く多様な衣食住空間をできる限り発信することを目指す企業です。
 ベンチャー企業社長である、私自身が語る挑戦と苦闘の日々。
また、妻と5人の子供達の歩み、そして様々な方へ、私なりの思いをこのブログで発信続けていきます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 重要:失明したくなけりゃ40代は必ず健康診断で眼圧測定を:緑内障で年間600時間を失った私 | トップに戻る |

何気ない言葉が痛みや辛さを抑えてくれる。

 「というふうに、あんた、愚痴こぼしているんやな」と年配の方は言った。

 「すいません、わかりましたか」と私。

 

  「無理せんように、わかっているやろけど」とさらに言われた。

 よくある「お大事に」ではなく「無理せんように(無理するなよ)」。

 何気ない言葉だが、受け手には大きな違いがある。

 ご承知のように私は緑内障。毎月一回は薬局で目薬をもらった後、「お大事に」と言われる。それはそれでいい。

 さて、冒頭の言葉。近所に住む80歳のご老人から。ゼネコントップの運転手一筋だった方。お互い名前は知らない。ただ、会えば世間話で盛り上がる。いや、相手をしていただいている。

 先週、視野検査だった。残念ながら左眼の周囲だけでなく黒目、いわゆる眼の中心部まで欠損していることがわかった。検査しなくとも体感で左眼が極度に見えなくなっていることはわかっている。しかし改めて検査結果を聞き、その話をちょうどご老人にしたところ冒頭の言葉となった。

 そう、私より30年も先輩の方だからこそ愚痴をこぼしたのだ。そして人生の先輩は、愚痴だなと理解され、私に対し「無理するな」と言われた。まさに私にとっては的確な言葉。

 「お大事に」もうれしい。ただ、人それぞれ受ける気持ちは違う。もう失った視神経は蘇らない。ただ「まだ気概だけは失うなよ、自分。まだまだ自分を必要な人はいるのだから」と、老人の一言で再確認した。

 

 ※「ベンチャー 企業社長ブログトップ10位へ

2016.12.11 Sunday | 一人の人間として | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2017.09.10 Sunday | - | - | -

皆様のコメント

お気軽にコメント下さい:動画・画像といった関連語句をコメント文章に入れないで下さい。コメント拒否設定となります。









この記事のトラックバックURLです。
http://sunact.jugem.cc/trackback/896
皆様からのトラックバック

是非、ご覧下さい
ティファニーのテーブルマナー
ティファニーのテーブルマナー (JUGEMレビュー »)
W.ホービング
私がホテルマン時代に上司からこれだけは読めと言われた、テーブルマナーを知る基本の書籍。

▲ Page Top